FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

舞妓は~ん
まいこは~ん




ある料亭で宴会がありまして
途中からなんと
舞妓は~んが登場

何で?の一同の疑問に帰ってきた
女将の答えは

水曜だから。との事。

このお店では毎週水曜にはこういうサービスが。
実はここの従業員で20才の娘らしい。

でもアジシ~たちは喜んでたわ

さて、本日のお献立
一番の盛り上がりは生きたあわび
ちょっとグロい・・・CIMG1867.jpg


これにお先をかけると苦しいのでしょうか(しみるらしい)
すんごく動き回るの。
これをどうするのかと思いきや焼いて食べるの・・・・・
人間って・・

残酷なのね~
これがメインっぽかったけど他のお料理も美味しかったです
大根と角煮う~んよくわからない

~セビジャーナスパーテイ~BYぺいあのプラス
私が通っているフラメンコ教室・スタジオ テイントーロの発表会
今年は「飲んで食べての・・・・」のみ放題踊り放題
というパーテイ形式ですが、プチ発表会には変わらないのでやっぱりそれなりに今日のために練習してどきどきしてました。
*前日の練習風景~
練習風景1練習2

そして当日
西銀座通りのぺいあのPras。ここではライブができるバーなので何回かフラメンコライブもあっている模様。
横むきチラシぺいあの

最初テーブル移動やコンパネ貼ったりは皆で行い、着替えるところも特別無いので
スタッフいようが男性いようがお構いなしで皆着替えて化粧して造っていきましたあ~
最初全員、リハーサルして本番に備えます
TangosAlegrias

本日のプログラムは
第1部 最初はパリージョ付のSevillanas
Tangos Alegrias  Guajiras  Sevillanas  Tangos  Guajiras 
そして我らが講師によるAlegrias
最後は全員でFin de Fiesta

そしてお客さんも私たち皆で飲んで、飲んで、食べて、飲んで
そしたらセビジャーナスがCDで延々と流れてきて ゲストもキャストもお客さんも
みんな入り混じってセビジャーナス~セビジャーナス&Sevillanas
CIMG1795.jpgCIMG1799.jpg

CIMG1817.jpgCIMG1800.jpg

CIMG1823.jpg


皆とっても楽しそう~
時間を忘れて踊っていたら、夜が更けていきました~

来年度はアレグリ?Guajiras?早くも意見が分かれています












生きるという事
今朝は珍しく遅くまで寝ていて
起き上がって時計を見たら午前9時。
自分でもびっくりしていたら即電話。会社からの外線転送。
今度売り出す予定の売主さんからだった。
そうよね、9時といったらもう始業時間。
懸命に声を張り上げて会話したけど寝起きってバレバレだったかも。

昼前にやっと会社について資料の整理をしていたら
ある一枚のレポートが出てきました。
それにはこんな事が・・・・・

「生きるということ」      平成9年9月21日

人が生きるとは、ただ単に生き永らえる事
ではない。人が生きるとは、何の為にこの命を使うか、
この命をどう生かすかという事。
 命を生かすとは、何かに命をかけるという事。
 命の最高の喜びは
命をかけても惜しくない程の対象(人であったり行事であったり物であったり色々ある)
と出会う事。
その時こそ、命は最も充実した生のよろこびを味わい、激しく、美しく燃え上がる。
        君は何に命をかけるのか
        君は何のためになら死ぬ事が出来るのか
        この問いに答える事が生きるという事であり
        この問いに答える事が人生である。
                                 Seizi M
これは丁度この年の6月に会社を立ち上げた社長が同じくこの9月1日付けでこの会社に
役員として加わった私に渡してくれたものです。
もう10年前の話なので当然私も10歳若く、既にいい年にはなっていたけど
たぶん理解していなかったと思う。といって今理解できるかといわれてもどうだか・・

当時社長はどういう気持ちでこれを書いたのだろう。
ちょうどこの3年後にこの社長はスタート時の二人から10数人かかえる会社と家族や
彼女やこの地を捨てて決済後の入金分を持って失踪しました。
役員の私はその決済分で返済予定の1500万円の連帯保証人にもなっていて、(しかしこれは家族の方がポンと弁済してくれて逃れたけど)当時は全員パニくって、対外的には「失踪」なんて言えないから、体調が悪く再起不能だと告げて非常に苦しい頃でした。
失踪するほど会社が行き詰っていたワケでもなく、いまだにあの行動は「なぜ?」というのは有ります。

そしてこの詩を書いた時の気持ちはどういう感じだったのだろうかとか
会社を立ち上げた時点から「法人」というものを利用又は試していたのか、とか。

色々思うことありますが
この社長のおかげでそれまで賃貸しかやっていなかった私に
任意売却や競売を教え込まれ今の私があると思います。
そしてその会社を私も出て行き
今の会社で独立することも出来たし・・・


いまだに当時の関係者から「社長は元気になった?」とか聞かれると
何と言っていいのか・・・・

夏が恋しい



番組告知
RKK熊本放送制作の「窓をあけて九州」
11月25日(日)午前10:00~10:15
「人気話家は中学3年生」と題し
「きよら亭うどん」こと甥っ子が登場します。

そういえば先日取材しているとか言ってたし。
現在彼は親元はなれて中高一貫教育のとある中学で寮生活を
しているので、その模様や最近行われた
寄席の模様とかがあるのでしょう。

すんごいな。スター並じゃない。

取り急ぎご紹介まで
もっこす珈琲館
本日県外に嫁いだ、いや正式には旦那の転勤で県外に住んでいるチングが恒例の帰省中だったのでこれまた恒例のジャスコに集う事になった。
途中、朝から生命保険の切り替えでとある都市銀行にドル送金をしに行き
行員も私も慣れないのでめっちゃ時間かかって
その間、本日マイカーの点検日というのを忘れていてデイーラーの方にも急遽この
銀行に来て貰いここで代車に入れ替えました。
今回の代車

今回の代車は同じ320で色がグレーとはいうものの何かバイオレットかかっていて
銀行にいたナムジャにも「この色かっこえ~」といわれましたが、本日と明日の二日のお付き合い。

それから物件の写真を写しに途中下車し
そしてジャスコへ。

今回2回目の「もっこす珈琲館」へ。
確か以前和食の店?か居酒屋みたいな店のあった跡で
スタバみたいなところかな?と思い入ったら意外意外・・・
掘りごたつありーの、畳ありーのでお昼には結構いつも満杯。

チングもこの店2回目らしく
とにかくコーヒーがおいしい。
そしたらチングが教えてくれた。
あの自動車教習所の前にある同名の喫茶店の2号店よ。きっと。って。

そうそうあったねそういえば。
確かマスターが「名前はもっこすですが自分は熊本人ではありません」と
何度も言うそうな。そんなに熊本人嫌なのかな~

私は弁当作っていたので早弁したのでケーキセット。
チングはAランチを。ここってボリュームあるのよね~
ケーキセットAランチ


そして子供の話、友人お話、体調の話、そしてビリーの話etc・・・
話は尽きませんでした。


本当の理由
最近までずっと頭を悩ませていた案件・前述の相続放棄やらなんやらカンヤラ・・・・
結局は売主が今は確定できないので
買い手は付いていたけど一旦・任売断念の辞退届けも債権者へ出し
買い手さんにも流れを説明し半年後くらいに期待を・・・・として
私の中でも見切りつけていた矢先・・・

本件債務者A(建物の所有者)の娘から電話がはいり
とにかく私に大事な話があると。
彼女とは今回何回かあったりしていて私は他人だし一不動産業者だけなんだけど
結構入り込んでいてかなり信頼はあったと自負している。
そこで先日のランチの帰りに早速電話をいれて聞いてみたら
本件の土地の所有者が売却の途中でお亡くなりになったのだけど
その理由が自殺だったんだと。
・・・・
しかし私の中では「やっぱり」なんだな~

なくなった当初これは再三Aには聞いていた事。だって予想されていたから。
しかし反面具合が何日か悪かったのも事実。

でもこれで無理して売却しなくて良かったと思った。
ここには散々経費かけてそのうえ決済も出来なかったからマイナスだったんだけど
それ以上の被害をこうむっていたかもしれない。

本件の債務者・建物の所有者は売買が断念された事を非常に悔やみ
半年以上住めるんだからどうしてだろうと思っていたけど
そういう家だから早く出て行きたかったんでしょうね。

彼女は「たぶん父Aは絶対最期まで言わないと思うから・・私が言わないと・・・」
といってくれました。彼女だって相当ショックだったはずなのに。
そのあともAとは話もしたけどたぶんそのことは私には一切いわず
少しでも高く売りたいと今でも思ってるんのでしょうね。

こういう物件は競売で処理されたほうがいいと思う。
債権者は年内にも手続きに入るでしょうから
現地調査に来るでしょうけど
その時このAが又本当のことをいわなければ
裁判所の陳述書には載らないでしょうね。

もちろん、もう任売では扱えないね



秋の一日
朝一番から売りビルの案内が入っていたので
いつも駐車するスタバの近くに車を止め現地へ。
途中ぼ~っとしていて道順を一つ間違えた為あせったけど
何とか現地へ7分前に到着。既にお待ちでした!ミアネヨ

サクサクっと終わったので
おととい粉々に破損したコンタクトレンズを購入しに店舗へ。
急遽診察時間まで待ち時間があったので
近くの喫茶店へ。
忙しいこの合間に作る時間がすっきなんよね~
束の間のコーヒーブレイク
やっぱ喫茶店のコーヒーは最高。

コンタクトも無事装着し
めがねとは違う開放感。
しかし昨日一日めがねで過ごしたら案外好評で
めがねも新しいのを作っちゃおうかな

店を出たら入口にナムジャが待っていた
想定外だったのでなんかうれしい。
先にメールうっていたから私の行動読んでいて
都合付けてくれたみたい。
そして少し早いランチへ。
TENNISCLUBのステーキランチ
お肉が柔らかくておいしい~
ここはお昼の時間になると近くの庁舎職員やリーマンでいっぱい
になるとか。
週末の予定を立てようとしていた矢先
メールがはいり、明日土曜も仕事が入る。あさっても遠方案内が入っていたから
マタマタお休みつぶれました~
複雑な心境だったけど
「仕事優先!」といって
それぞれ分かれて次の現場へ~
束の間の幸せ気分を味わった「秋の一日」でした。

別に意味はありません


~ゆかりの地小国ツアー~その②
昼食を終え次なる目的地は
何かと話題の湧田山麓温泉郷。はげの湯・岳の湯地区。
町内でも唯一行ったことの無い所なんだな~。

その前に旧職場○○銀行小国支店の跡地を通り(今はギャラリーみたいなものへ)
鏡が池へ行ってきました。
歴史ある悲恋の伝説。
子供の頃から興味のある所で、池に沈めた鏡が全部見えたときには不屈な事が・・
と、よく言われていた。
実際には当初の数ほど鏡は残ってなく「全部見えたとき・・」なんて無かったのに。
訪れたらなんときれいにベンチとかも置かれていて、説明版も置かれてて、
詳しい伝説の内容は現地へ行かれてくださいな。
鏡が池伝説案内文

暗いけど池の中にはたくさんのお賽銭が・・説明文2


そしていよいよ
湧田山へ。玖珠方面へ行くのです。(中々道がわかりません)
現地へ付けば県外ナンバーの車ばかり。
いかに有名か。こんな田舎にびっくりしました。
あ~湯煙の街・地熱の街。
民家のいたるところで蒸気が噴出しています。

コイン式の24時間浴場は大盛況。何箇所かあるのにすべて満員。ていうか
平均50分待ち。はは~んって感じ。
待っている間、ゆで卵を蒸気で湯がいて食べました。

白濁の湯やっとあえたね


ロケーションも最高でご機嫌で帰路につく事に。
時間にロスが出たため同級生んち「参拾六番」やピザ食べたい!「ゆらりふわり」等にはいけずじまい。
行きがけ食べ損なったとうもろこしも店じまいされていて、閉店時間は日没だそうです。
「秋のつるべおとし」とはよく言ったものでほんとにあっという間に日が暮れてしまい
本日のツアーは無事終了いたしました。
秋のつるべおとし

ゆかりの地「小国」日帰りツアーその1
文化の日の晴天の日小国ツアーを敢行してみました。
なにがゆかりかというと私は言うまでもない出身地だし
本日のナビゲイターは幼少時代を父親の転勤の関係で小国で過ごしたという
過去をもち、是非観光に徹してあの地を踏みたいという今回の企画。

まずは途中、大津道の駅で馬刺しのくん製(ステイック状のは販売不振のためなかった為
今回は一口サイズ版)と大好きな銀河高原ビールを買い込み
もちろん私は運転じゃないので早くもリラックスムード
この道の駅の馬刺しがおいしい

とにっかく天気が良くて
雲ひとつ無い青空。
ミルクロードの展望できるところで寝般若(寝観音)を一枚。
何十年経っても何百年たってもこの山はかわらない。
私の大好きな場所のひとつです。
阿蘇五岳~通称寝観音~

焼きとうもろこしが食べたかったけど既に行列が出来ていてあきらめて北上しました。

国道212号線のバイパスは通りなれているだろうから
今回は若ヶ原(みょうがわら)から入り込んで旧道・現在は「そば街道」となっている細道を
いきました。いや~又あたらしいいろんなお店が出来ていました。

今回の一番の目的地は「鍋ケ滝」。
あの松島奈々子のお茶のCM依頼有名になったという滝。
先日も「旅の香り」か何かで撮影があっており
途中「きよらかあさ」で地図をもらい向かいました。
現在は駐車場も完備されていて便乗?(ミアネ)
プチおみやげやさんみたいな物も出来ていました。
杉林
竹林だったらチェオクが出てきそうな・・・・・
確かに足場はよくありません。冬場は凍結して滑るでしょうね。
杉林になっていて、杉の木の根っこが階段がわり。
でもロープや竹・木々等で手すりは作られていました。滝の音が聞こえてくるから
早くみたい!
鍋ケ滝1やっとあえたね裏にまわりま~す

この滝のすごさは裏に回れること!夏はきっとマイナスイオンで気持ちいいでしょうね
紅葉にはまだ少し早いかな。
裏の洞窟なかからCIMG1680.jpg

反対側の岸からCIMG1683.jpg

感動した帰りに坂本善三美術館へ。
私は二度目。しかし本日より宮崎静男展も開催中で
なんと本日から入場料無料。
ここは行くしかありません
坂本善三美術館

ご本人さんも本日は待機されており同町出身ということもあり顔なじみである来館客とは
話もはずんでいるようでした。
ご自身の体験からか作品は戦時中を連想させるものが中心でした。
でも非常にわかりやすい絵ばかりでした。

ちょうどおなかもすいてきたので
「蕎麦」か「肉」かの選択では私のたっての希望で肉!
私達御用達の百姓屋はいった事あるといったのでいつものピラミッドへ。

連休からか天気いいからかとにかく
県外からの行楽客の多いこと。どこに行っても。
ここでも待ちの状態だったけど
いつものおいしい肥後の赤牛いただきました。
続きはこの次・・・・・
美術館となりの神社

樹齢700年の杉。両手をあてて「気」をもらってきました。