FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

美里町自立生活訓練施設「いぶき」訪問してきました~
中央中学校と同じ敷地だと聞いていたので
ナビをあわせて、曇り空の日曜日に行って来ました。
美里町は平成の大合併で出来た新しい町。
ここは旧中央町であの階段のある町。

珍しい体育館が見えてきたので
それを目指して到着しました。
CIMG6119.jpg
一般の方も利用できるジムを併設しているこの中央中学校体育館
よりも手前にあるこの施設。
あきらかにこの町の敷地ですな~
最初、ちょっと見落としました
それは校舎みたいな施設を想像していましたから・・・・・

設計した人が主にレストラン等のテナントとかの専門の方らしく
造りがよく町営の物産館とかに見られる
変わったそして木材をふんだんに
使った建築物でした。
CIMG6103.jpgCIMG6106.jpg

6年ほど前にオープンしたこの施設は
知的障害者の就労支援施設としてスタートしている模様。
施設内に毎日お弁当を持って通って来る利用者達に
体操や運動、お野菜を作ったりの作業を中心に職員達が指導しながら歩んできたところ
念願の「就労継続支援A型」施設の認可がこのほど
おりて7月1日の移行スタートに向けて
スタッフ一同おおあらわ・・・の時でした。

花段CIMG6108.jpg

玄関前ポーチには
みんなで植えたのでしょうか、ミニ花壇やオブジェを含んだミニ庭園?が。
吹抜けを施した玄関ロビーには
七夕飾りがすでに出来上がっており
お願い事もたくさん。

CIMG6113.jpgCIMG6112.jpg

(あっ、どこかで見たペットボトルの花瓶・・・)
とっても楽しそうなエントランスですね~
CIMG6111.jpgCIMG6110.jpg

さて~
この「就労継続支援A型」とは?何ぞや?
確かに全く畑違いの私らはにはよく分らないのですが・・・
このような老健施設を含む「特定非営利活動法人」には
認可とるために色んな段階ふんで大変だったはず
今回この認可にはA型以外にB型もあり
AとBでは色んな意味で
雲泥の差(きっと)

これまでとにかくこの資格を勝ち取る事に
みんな一丸となって今日まで目指してきたらしく
認可下りたときは喜びもひとしおだったでしょうね~(きっと)

その認可を下ろす為の項目の一つとして(ミアネヨ~)
鉄筋溶接所と食品加工所を新築。
敷地内に出来上がっていました。
CIMG6104.jpg
これからの予定としては
週5日、実働き一日4時間、なんと時給は628円。
あんまり一般企業とかわりましぇ~ん

結構な収入になるかもよ~
だから志望者も多いし
競争率高いんじゃ~?

ビジネスとしては美味しそう~
色んな病院や、議員さんが副業又は別法人として
このようなNPO法人を稼動させているけれど
うん。。。いいよね。先見の目あるよね~


私は良くわからないのだけれど
町内外者かかわらず
利用できるのであれば
いいと思います!
CIMG6118.jpgCIMG6117.jpg

~食堂や作業室。たくさんの木材で作られた室内は気持ちよい感触~

特定非営利活動法人  中央自立支援会
美里町自立生活訓練施設  いぶき
お問い合わせ(施設関係者大歓迎)
電話0964-47-6055
担当 本田英二氏

お散歩日記~江津湖編~
とある初夏の土曜日
担当している機関紙の編集記事ネタとして
今回は「江津湖」を選んでみようと
とりあえず散歩してみました。

この日は曇り空で
写真写りはあんまり良くないのですが
さほど日照りも無かった為
まずまずの散歩日和。

週末のせいか
色んな人達がすでにお散歩していました。

今回は市立体育館あたりからスタートし
まずたどり着くのは
象さんのある湧水プールが見えてきました。
CIMG5967.jpg
現在の江津湖周辺の遊歩道は整備されていて
又子供達が泳ぐには丁度良い自然のプールは
あちこちにあり
確か私も高校生の時に子供と一緒にザリガニを
取っていた経験が・・。
CIMG5973.jpg
絶滅の危機にある「水前寺のり」の養殖場では
金網が施されており
その中にはサギ等のたくさんの水鳥がいて
やはり大きい鳥は便も尿も大量!だと知りました・・・・
CIMG5984.jpg
CIMG5983.jpg
江津湖といっても
これは川であって・・
以前はあちこちに湧き水が出ていて形成され
安土桃山時代に加藤清正の手で今の江津塘が作られ
せき止められそして今日のような
上江津湖~下江津湖が形成されてるそうな。
この間は全て遊歩道で繋がっていて
サイクリングには持ってこいですが
散歩で下まで行くには
ちょっと勇気が・・・

今回は上江津湖のみで。
CIMG6001.jpg
CIMG6009.jpg
近代文学館裏あたりまで来ると
芭蕉園という箇所があり
菖蒲園や原生林が茂っており
ちょっと恐い・・・
そしてここには
珍鳥・カワセミの姿を撮影しようと
カメラマンが三脚たてて潜んでいます。
そしてこの江津湖には12人の歌人達の
歌碑がいたるところに立っています。
これを探すのも面白い。
文学館のほうに上がってみると
ここのサテンで仕事している紀元君がタバコ休憩してました。
こんなところが職場なんて環境良くてうらやましい・・・・
しばらく座って話して
聞いてみると
毎日大きなサギが飛んできては
敷地内の庭やガラスにフンを撒き散らすそう。
ここで大きい鳥は便も大量との情報を。
取材ならいつでも応じるぜい~みたいな
感じで分かれて
再度象さんのプールの所まで戻って
釣りしている人を横目に見ながら
かえって行きました。
1時間半ほど散歩していたら
何か息があがって少々の疲労が・・・・・
あ~でもいい記事を書かなくちゃ!
aosagi_1.jpg
CIMG6002.jpg

「熊本落語長屋第75回例会」行ってきました~
会場 熊本市九品寺(クホンジ) 法泉寺本堂
日時 平成21年6月20日(土)6時半開演~

上方落語協会 理事
森乃福朗独演会

CIMG1048.jpg
CIMG6092.jpg

先週の土曜日の夕方から
いつもの場所で開催される「熊本落語長屋」へ
行ってきました。
いつも前座で甥っ子が小学生の頃から
出演していたので
この会を知りえて~・・・・。

今回のメニュ~は
 ~開口一番~  きよら亭うどん
1、ごあいさつ  世話人代表(上田博司様)
2、無いもん買い  森乃福朗
3、おはなし     関山和夫様
4、新作落語 神埼京一作
  三つのお願い  森乃福朗
中入り(プレゼント抽選会)
5、はてなの茶碗  森乃福朗

今回はなんと3席やっていただきました。
今回も満員大入りの大盛況で100人あまりはいたはず。
新聞記者や
アナウンサーや元アナウンサー
何年も通っている人
初めての人
老若男女・・・
毎回、色んな人がおります。

世話人の方もプログラムの挨拶で
「やめられない」
と書いてありましたね~
うどん翌日
秋の例会もやりますって言ってしまった~
と話してましたが
本来なら受験を迎えそんな場合じゃ・・・
でもやめられない、魅力・「何か」があるのでしょうね~

~これはうどん~
CIMG6093.jpg

~こちらははてなの茶碗時の森乃氏~
森乃氏

終了したのは9時をまわりそうな
勢いでしたので
お腹もすいたし
この日に集まった親戚の人達と
近くの居酒屋「海人」へ。
結構飲んで食べて大満足のひとときでした
CIMG6097.jpg


最近も季節はずれのワンルーム賃貸客の繁忙さと
中々進まない売買のローン付けとクレームの山・・・
ブログに油を売っていないで仕事仕事・・・・・



「和田さん」・・・・が・・・・
フジテレビをこよなく愛する視聴者の一人の私としては
情報番組・・
まあ、具体的には朝のトクダネとか
夜のニュースジャパン とかを
よく見ますが・・・

その中に
政治に強い記者、報道局解説委員の「和田圭」キャスター。

最近まるで別人・・・・


この人はご存知元フジアナの有賀さつきと
電撃結婚し
そして離婚したのですが・・・

結婚した時はもうびっくり!
とても地味で尚且つ年も13歳ほど離れていて
くたびれて(ミアネヨ)いた印象が・・・
その人が、有賀さつきと・・・・


(そうそう当時はこんな感じ・・・)
wada_caster.jpg

しかし最近ニュースジャパンに
でている和田さんは
少々太ってきて顔もふっくら。
そして頭も真っ黒で
なんか若々しい。

何があったの・・・・・・?
還暦祝いで「五郎八 離れ」行ってきました~
先の理事会の中の執行部で今年の支部長が
還暦を迎えられるのでお祝いを致しました。


開始は6時半からだったので
その前の5時に現代美術館でおなじく別の飲み会参加の
あっこと翌日まで開催の
「井上雄彦最後のマンガ展」へ遅ればせながら
待ち合わせしたら・・・

なんと・・・

「本日のチケットは完売です」

の文字が・・・

え~!?
美術館で入場制限なんて・・・・
井上雄彦とはあのスラムダンクの作者で
熊本に学生時代すごしていたという縁で
それと宮本武蔵の縁でしょうか
熊本現代美術館での開催。
そりゃ~イかなんでしょう!
でも平日に行くべきだった~
しょうがない。
きっとバカボンドの原画等もあったのかな~
誰かいった人教えて~
てなことで、余った時間を街ブラしてそれぞれの会場へ。
~せめて入口の案内板だけでも・・・~
CIMG6078.jpg





お店は「五郎八 離れ」

ここも郷土料理で有名なお店の
対面側に昨年9月にオープンした新しいお店。
PICT0332.jpg
基本的に入口で靴を脱ぎ下駄箱に入れる方式。
「和」ですな。全体的に。
途中ガラスの下を魚が泳いでました。
そこを通って個室へ。
一応坪庭が施されておりました。
もちろん掘りごたつ。
通風で足がいたい方にはうれしいですね。
CIMG6086.jpg


ひととおり挨拶があり
記念品も贈呈され
還暦のお祝いだから
鯛の尾頭付きが出てきました~
CIMG6081.jpg
CIMG6083.jpg
続いてドライアイスの器に盛られた
刺身の数々。
トロが油が乗っていてとろけます~
馬刺し、太刀魚、たこ、まぐろ、イカ、etc・・・・・・

前菜も全て郷土料理で食べやすかったし綺麗な盛り付けです。
umibudou
CIMG6088.jpg
焼き魚はさわらです。
CIMG6089.jpg
CIMG6090.jpg
白身魚と野菜の和え物に「うみぶどう」が乗ってました
CIMG6091.jpg
これは「特選馬のステーキ」だそうですが
馬だけに少しくせが。
PICT0330.jpg
最後に出てきたごはんものは
変わった雑炊です。

さんざん飲んだのですが
全員参加の2次会。
1件目は入れずに2件目の「嵯峨野」さんへ。
マスターが楽器をするから
ピアノやらサックスやらケーナがあります。
それ以外にもミニライブでもやっているのでしょうか
ギターやアンプも。
PICT0346.jpg
殆んど全員歌を歌い、
私も1曲うたっちゃった~


青柳で恒例になりつつ・・・
もう何回も利用する熊本郷土料理「青柳」さんで
理事会の懇親会なのですが
おととしあたりから丁度6月には
その年還暦を迎える方にお色直しをさせて
お祝いをするという・・・宴会。


今年は20人の理事の中から4人も還暦を迎えられ
尚且つ、厄入りの方1名と古希の方1名も参加し
めでたい会となりました。
CIMG6073.jpg

しかしこのお店
色んな衣装を取り揃えてありますな~

お料理も最高でした。

CIMG6040.jpg
CIMG6041.jpg
CIMG6042.jpg
CIMG6054.jpg

このお店は昔から釜飯が有名なのですが
最近ここで
全く釜飯たべていませえ~ん
この日の最後の〆のご飯はゆかり風のご飯でした。

そしてこんな大きな杯で
皆で日本酒を回し飲みしたし
かなりこの日は酒量が増えてました。
その分体重も・・・・

「やまかわ」行ってきました~
映画の後はいつものミーテイング(飲み会ですハイ。)

今回は並木坂のやまかわさんへ。

私の小じゃれて、うるさくなく、がついてないところ。という
リクエストに答えてくれて
訪れたお店は日曜なのに、1階じゃないのに大盛況。
あっこさんによると「土曜日はよやくがとれましせん」だそうです。

CIMG6018.jpg

よほど自信があるのでしょう~か
オープンキッチンで。
よほど自信があるのでしょうか
全て若い男性スタッフで、イケメン集団というのが
うりでもあるそう。

CIMG6014.jpg
本当はパスタが食べたかったけど
ここにパスタはありません。
あっさり系を好むこの日は
サラダ系もなんだか好き嫌いの激しい二人にかなうものがなく
シンプルに野菜ステイック
ドレッシングが選べるのですが今回はクリームチーズ系。
ちょっとかぶったので違うのが良かったかも。

かぶったというのはこのトウモロコシとクリームチーズの
てんぷら。なかなか。天つゆとカレー風味岩塩とでもたべれます
CIMG6016.jpg

そのあと牛のたたきと
若鶏と野菜天の香草焼きを頂き
最後にはデザートを。

CIMG6015.jpg

CIMG6017.jpg

インテリアもシンプルで素敵なお店でした。
それにしても並木坂周辺新しいビルが立ち並び
変わりましたね~

映画「天使と悪魔」鑑賞してきました~
thumb06.jpg

3年前に公開された「ダビンチコード」の続編とも言われてますが
全く関係ないので見て無くても大丈夫。充分楽しめます。
2時間超の映画でしたが
出演者がご高齢の割には展開が速い映画で
楽しませてくれます。
主演はトムハンクス
彼が中年の姿態をさらしてプールで泳いでる場面から始まります。

バチカン市国とそこのカトリック教会を舞台にした
ストーリー。

thumb02.jpgthumb12.jpg


最新科学あり~の、殺人あり~の、建築・彫刻の美あり~の
そして謎解きもあり。
そうおおまかなのは科学VS教会

thumb05.jpgthumb13.jpg

thumb14.jpg



結構主要な人物達はあっけなく殺されて
そうでもない人は最後まで残っていて
気になる含んだ言葉を最後に主演の教授
がかけられて
続編の予感?
決済三昧・・・
このブログを見てくれている
特に同業者のかた達は
「こん人は、の~でく~てばかりばってんが・・い~つ、しごつばしよっとだろうか?」と。
(訳:この人は飲んで食べてばかりだが、いつ仕事をしているのだろうか?)

きっと思っているはず

ちゃ~んと
びゃんびゃんしよります

5月末までに何らかの理由で
決済やらなんやら出来なかったのが
全て今週に集約され
休み明けそれも旅行あけの
ボケた老体にむちをうち
なんとかこの1週間を乗り切りました!

1日の月曜は先週オープンハウスをしたマンションの契約のみ。
そして4日は1本決済。
本日5日にあたっては
3本決済こなしてきました~
今までも2本はあったけど
1日3本はお初。

でも今日の3本は全て現金だったので楽でした。
最初は午前中に会議が入っていたので
1本目を午後1時に銀行店舗で決まってたのが
急遽2本入ってきて
3本目を司法書士事務所で3時と予定していましたが
司法書士事務所から金曜日だしその時間だったら登記間に合わんかも?
といわれ・・
でも心の中では現金決済だし・・オタク、法務局の隣ジャン!絶対間に合~う!
と、思ったけど
買い手さん選定の先生だし、私のみの都合で遅れるので
会議を断り昼前に1本入れて尚且つ3時の分を1時間はやめて行いました。

おかげさまで滞りなく
無事取引も終わりました。
かえって前日の1本は私的にはオンパレード(死語?)
と名づけている内容。
こんなんのほうが神経使う。
まず、両直で
売主が抵当権が2件、それも住公と年金
それに税金滞納の為の差押解除
それに買主は銀行ローン。
住公の場合は資料提出も多い。
そして今回の年金さんは基本決済場所に来ないから
これも大変。
しかしここまでに来るまでが大変で
決済当日は実にしゃんしゃんと終わるものです

決済って終わった瞬間
とってもすっきり。
スーツのジャケットぬいで
やった~って感じやね。
いろんなものから開放される。まあ一瞬やけど。
そして又新たな新規を求めて
走り出すのです・・・
PICT0306.jpg

タンゴ・デ・マラガ・・・・
今年の練習曲は
タンゴデマラガ。
スペインのマラガ地方への郷愁?でしたっけ。

練習の後は頭にず~っと
曲のコンパスが残っていて・・

先日購入したCDはソロコンパスでなんかいまいちだったので
もう一枚購入したいと思い
エスフラメンコという通販で購入。
ついでに靴も買っちゃいました。

CIMG5965.jpg

本当はベージュを買ったつもりだったけど (津守は木山ん先!タイ)
さすがは通販。

しろっ!(白)

っと、箱を開けたとき思いました。
これは注文受けてカード決済してから
手作りで作成にかかるから(らしい)
ほぼ1ヶ月到着までかかったわん!

でも早くはきなれて頑張ります。

マラガといえば
先日の毎回感動するTV番組「ポストマン」で
でてましたね。
47歳で壮絶な死を遂げた彼女の人生もすごいけど
(ライブで最後の決めのポーズが終わるな否や
くも膜下で倒れて即死)
その日のテーマはその彼女と付き合っていたんじゃ~?の
スペイン人男性カンテへの伝言。
しかし舞台で命まで尽きるなんて本望でしょう。


CIMG5966.jpg

~ライブ告知~

いきなりですが・・・告知を。
我らが師匠が仲間たちとのライブを行います。
今回は大阪からゲストも参加。楽しみ~

Flamenco Live
2009・8・2(日)
1部 16:30 OPEN 17:00 Start
2部 18:30 OPEN 19:00 Start

チケット料金 2,700円 *1ドリンク付
(1部2部 通しの方は5,000円)
会場:喫茶ギャラリーキムラ
   熊本市水道町3-5 上通りKビルBF
   お申込:お問い合わせ
   テイントーロ  096-366-2552

癒しの旅「平戸」~No2~
1泊2日でのこの小旅行。
月末だし忙しい合間を縫ってでしたが
有意義な2日間でした。
途中、道の駅へ立ち寄って綺麗なトイレを発見。
いろんなものが売っている売店で
たこ焼きと黒米おはぎをおやつで。
CIMG5903.jpgCIMG5904.jpg

CIMG5905.jpgCIMG5906.jpg

平戸の地へ着いたのは
10時半ぐらいで田平教会で見学してから
平戸大橋を渡って島内へ。
今にも雨が降りそうな曇天で
まずは平戸城へ。

平戸城を見学したあとはお昼になったので
お昼ごはんは場所をきめていたけど
その前に魚の市場へ。
ここの市場はその場で裁いて食べさせくれるので
いかとサザエをさしみにしていただき
とびうおを塩焼きにしてもらいました。
味噌汁もいただいたのですがこれが格別。
観光客が結構利用していました。
このあたりが平戸の繁華街?
すぐ前は港になっていて夜のライトアップも綺麗でした。
PICT0294.jpg

徒歩圏内で、足湯や松浦資料博物館もあり
石畳が綺麗な街並です。

~松浦資料博物館~
CIMG5926.jpg
館内は撮影禁止なのですが
唯一許されるのがこの場所。
ちょっと遊んでみました!
CIMG5927.jpgCIMG5928.jpg

隣接の「眺望亭」か「茶室閑雲亭」どちらかにいくか迷ったのですが
コーヒーに軍配が。
CIMG5931.jpgCIMG5932.jpg
名前の通り非常に眺めのいい所で
この御菓子は茶室でしかいただけないのかと思いきや
こちらにもあったのでよかった~
CIMG5930.jpgCIMG5933.jpg

既にお腹も溜まってきたので
このままではお昼が食べれないと思い(たべるんかい!)
この資料館を下ってすぐある
平戸温泉うで湯・足湯へ。うで湯としても使える形状。
CIMG5938.jpgCIMG5937.jpg
嬉野や山鹿を連想させるようなヌルヌルとやわらかい温泉です。
でも旅館とかの泉質はこんなには無かったな~

CIMG5935.jpgCIMG5936.jpg


そしてランチを予定していた「大渡り食堂」へ。
レトロな感じが満載。
50`Sやボンカレー的な昭和のポスター等が所狭しと。
ず~とミュージックビデオが流れていたけど
そのテレビがすんごくレトロなもの。

ここでは佐世保バーガーを持ち帰りにして(いつたべるん!)
パスタとピラフを。あそれとハイネケン。
CIMG5945.jpgCIMG5946.jpg

そうそうこの「うちわエビのクリームパスタ」おいしかった~
又食べたい!

CIMG5947.jpgCIMG5944.jpg

お腹もふくれた所で、ちょっと海を見学に。島の中央西海岸、「根獅子の浜」へ。
砂浜でエメラルドグリーンで。
海の家が目の前にあったけどまだ閉鎖されていて
実は一応水着は持ってきたんだけど
泳ぐにはまだ早い。
CIMG5948.jpg
ここ、根獅子の浜は平戸で最初に斬首の刑が行われた場所。
6名のキリシタン信者が砂浜の昇天石にて
刑を受けその地で海水が赤く染まったと言う。
案内板で「おろくにん様の墓」とあったのはこの近くにあるこの人達のお墓だったんですね。

荷物を置きによる感じでお宿へチェックイン。
全てオーシャンビューで、グリーンや乗馬もできるかなり広いホテル蘭風さんへ。

CIMG5950.jpg
今度は生月島へ。
捕鯨の町であちこちにその名残が。
「生月大魚観音」なんかこわ~い
CIMG5951.jpg
CIMG5952.jpgCIMG5953.jpg

ブロンズ像のこの大仏さんはこの場所から海をながめて
大漁を見守ってくれてたんでしょうね~
教会も多いきけどあちこちの山の上に風車もたくさん廻ってました。
前日の日の入りは19時20分位、本当はそこの頃でしょうが
夕食の時間もあるので早目の夕日鑑賞。

大バエ灯台を目指しました。
CIMG5960.jpgCIMG5959.jpg

CIMG5961.jpg
なかなか落ちてくれない夕日と平行に
サンセットウエイと呼ばれるロードを爆走してホテルへ向かいました。
本日2度目の生月大橋
CIMG5962.jpg

夕食の場所に着くと既にショーは始まってました。
そうこのホテルの売りは舞台でのショーなのです。
本日はマグロ解体ショー、凧踊り、太鼓や舞踊と
全て従業員さんの手で。
CIMG5963.jpg


食事の後は「ほたるの里」とよばれる場所へ。
外灯も無く案内板もわからず
消防署の前とだけの情報で
その消防署へ聞いたら、ほ~んと目の前だったので
車をおいて
歩いて川沿いへ。
そしたら一面の黄色い明かりが・・・
こんなに大量の蛍は初めて!
子供の頃には蚊と格闘しながらも家の周りにもたくさん
いたのはいたけど
こんなにはすごい!
私のカメラでは映せなかった。残念。
これは実際に体感するべし!

翌日はNO1で紹介した通り教会をひととおり廻って
後悔しないように海にも再度行ってちょこと散策して
PICT0312.jpg

お昼のランチには生月の楽さんへ。ここは昔一八(いっぱち)というおすし屋さん。
ここでは「うに丼」をいただきました~
運転しない許しも受けたので
小ビールを。
帰りに大将からお土産いただきました

お土産も買い込み
平戸をあとにし、佐世保市経由で帰路へ。
途中、川登サービスエリアで佐世保バーガーを。
よーく食べた二日間でした!
PICT0319.jpg











癒しの旅路~平戸へ行ってきました~NO1
houkikyoukai
とかく
長崎県は市内・近郊をはじめ佐世保~大村~島原半島、隣接佐賀の
有田・伊万里地区・・・たいていは
仕事でも行った事はあったけど
唯一平戸の地には来た事なかったんだよな~
平成3年には生月大橋(イクツキオオハシ)も開通し
最近のETC傾向も反映してか
絶好の観光コースと化しております。

平戸といってまず代表されるのが美しい教会の数々。
世界遺産登録国内候補や、国指定重要文化財となっている
数々の教会がほとんど「鉄川与助」という人の建築で
レンガ造りが特徴。
爆心地からも遠かったから
ちゃんと残っていて
このあたりは公民館のように学校区ごとのように
集落に佇んでます。
場所によっては午前中のみ観光としてみれるところや
ミサに自由に参加できるところも。
この5月は聖マリア様の誕生月という事で
どこの教会でもミサが行われております。
その中で事前に電話をいれてお誘いを受けていた
生月町・山田集落にあるカトリック山田教会へ。
yamadakyoukaiCIMG5958.jpg

こちらも鉄川与助の建築で特徴的なこうもり天井は
めずらしい蝶の羽根のステンドグラスで彩られています。
でもこれは2階に上がって近くで見ないと蝶の羽根かとはわかりません!
5時半からのミサでは
次々と信者のそれも近所の方たちでしょう集まりだして
思い思いに十字架をきって椅子に座り女性の人達は白いベールをかぶり
シスターの人達も何人か集まり準備を始めました
ほどなく小学生らしき女の子と男の子二人が現れ
順番に唱え始めそれもよどみなく
ちゃんと申し合わせしたように。
(卒業式の答辞を皆でかけあうような)
本があったので
今どこを言ってるのだろうと必死に探したら
見つけたけど早くてついていけない
そんなこんなでひととおり終わると
実にみなさんあっさりと退散していきました。
このミサに参加する前に
田平天主堂(1918年建立)、聖フランシスコザビエル教会(1931年建立)
にも立ち寄ってきました。
~田平教会~
CIMG5908.jpgCIMG5913.jpg

~聖フランシスコザビエル記念教会~
CIMG5943.jpgCIMG5941.jpg
教会敷地内に珍しい小物が売っていました。
ここの主人がペットボトルで作った吊り下げようの器。
観葉植物等を入れるといいですね。
CIMG5942.jpg

翌日も午前中しかいけない教会を含め2軒行きました。
この日は前日とうって変わって抜けるような天気で
海の見える高台に建立されている教会が多いので
空と海の青さがひと際でした。

~カトリック宝亀教会・県指定有形文化財~
houkikyoukai2PICT0301.jpg

ここもすごくわかりずらい高台にあり
丁度道路工事が行われていてその案内版でかろうじて。
しかし上り詰めた後をふりかえると
真っ青の海が一望。
最初のマリア様の後から取った写真の教会です。
ここも地域に根付いていますね~

~カトリック紐差教会(ヒモサシ)~
1929年建立。紐差地区のシンボル的存在。
長崎市の旧浦上天主堂が原爆により倒壊した後は日本最大の天主堂と
言われています。
東洋でも指折りのロマネスク様式で内部のステンドグラスが素晴しい。
ここも鉄川与助作。
PICT0310.jpgPICT0309.jpg

平戸に入るためには平戸大橋、その先の生月に行くためには
生月大橋をわたらなければなりません。
ここは有料道路です。
もちろんよるにはライトアップもされてます。
PICT0313.jpg
道の駅からの生月大橋。3径間連続トラス型としては世界一の長さを誇る前兆960mの美しい橋。
PICT0315.jpg
すぐ近くには砂利敷きの海水浴場も新設されてました。

~平戸大橋~
CIMG5916.jpg
PICT0296.jpg

教会とは対照的な超日本的な建築物・平戸城。
こじんまりしてますが中々です。開放的で。
CIMG5920.jpg
中にはたくさんの歴史書物や展示物が・・
天守閣からの眺めは格別です。
夜はライトアップされてました。
CIMG5921.jpgCIMG5923.jpg

CIMG5917.jpgCIMG5919.jpg

CIMG5924.jpgPICT0293.jpg

修学旅行や慰安旅行にはもってこいの場所、平戸。
NO2では得意の食事ネタで。