FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

熊本落語長屋のその後。。。
先日このブログでも
紹介したように
11月13日の「桂 藤兵衛・独演会」を最後に
一旦幕引きをされた
「熊本落語長屋」。
不定期でしたが
いつも同じ宝泉寺で行われたおりました。

お得意様には
終焉予告のおはがきを頂いていましたから
知っていましたが
ご当地熊本では、それといった
ニュースにもならず
ほんとに静かな幕引きかと思いきや

先日東京の方から
このブログに
熊本落語長屋の終焉のニュースが
なんとNHKの早朝に放映されたそうです。
幕引きを惜しむお言葉を
頂きました。

結構あちこちからも
再開を希望する声も聞こえてきます。

きっと
再開の通知のはがきが
届くのを期待しております。

CIMG1048.jpg

隠れた裏技。
例の入居者も
「入金するまで部屋への出入り禁止だけんね!」と
念を押していたのが
こうを為したのか
そのまま
市役所担当者に切実に訴えたんでしょう
木曜日の夕方に
「本日1ケ月分振込みました!入居していいでしょ!」と。
たぶんライフラインは全て泊まっているでしょうが
雨露しのげられれば
天国でしょうから承諾。
課題はまだまだ山済みだけれど
一見落着。
猫裁判の人もいるし
また新たな悪質入居者は
あとをたたない。

そんな時、今朝1通のメールが。
毎日100通くらいのメール(殆んどが迷惑)の中に
業に関係のあるPRをかねたメールがくるんだけど
ズバリ「悪質入居者の排除方法」と見出しが。

早速クリックすると
要は、全て「定期賃貸借契約」にしちゃいましょう!
という案内でした。
最終的にはこの内容及びノウハウが詰まった
DVD販売をおもに家主向けにしたものだったけど
私も「そうだ!」と思った。

普通賃貸借にしているから
契約解除もままならないし
理不尽な事ばかりなのだ。
不動産における借家法や制度というものは
ふる~い大正時代の流れや
戦時中の混乱時の有事の時の制度そのまま。

このメールでも書いていたけど
例えば
レンタルビデオやさんでDVDかりたら
Q返してください
Aはい。
~普通です~

レンタカーやさんで車借りて
Q時間きたから返してください
Aはい。
~普通です。~

消費者金融で金借りて
Q期限ですから返してください
Aはい。
~あたりまえです。~

アパートをかりて
Q賃貸借期間が終了しますのでアパートを明け渡してください
Aじゃあ、お金を下さい。
・・・おかしいでしょう?

でもこれが普通賃貸借契約の実情です。
相手に確実に非があるのに
契約更新拒絶は6ヶ月前の申し入れが必要ですし
尚且つ正当な事由が必要。
この正当な事由というのがクセモノで
なかなか認められない。

家主でも
簡単に入居者を出せると思っていて
無理難題を言われる場合も最近多く
「それなら定期賃貸借契約にしておけばよかったですね!」と
言う事がしばしば。

入居者だって入ったときと月日がたてば
色々事情が変わります。
急にペットを飼う人
離婚して家賃が払えなくなった人
リストラ、発病、・・etc・・

定期賃貸借したからって
別に公正証書でしなくても
所定の書類を追加すればいいだけだし
家賃を下げる必要も無い。
問題なければ更新すればいいし
その都度敷金精算とかも不要。

この方法いいかもよ!


PS
先の労役帰りの入居者の部屋の電力会社担当者から
早速電話が入り、「あのへや又入居者かえって来ましたね~」と。
遠くに行っていると説明していたから、本人に急に通電を依頼されて困惑の模様。
「滞納分を全部払ってください!と言ったらそのうちまとめて払うからとりあえず
早くつけてくださいなんて言うんですよ・・・。そちらで管理されてるんですよね」
・・と言ってくるから
対応していたスタッフが、とっさに
「物件は管理していますけれど人間まで管理していません」ときっぱり!



たぬき?あなぐま?
最近やたら
動物ネタが多いけれど

先日実家で愛犬の散歩をしていた時のお話。
隣地には温泉センターや
観光農園みたいなものが
あるのですが、
そのビニールハウスの横壁というか
中腹あたりに、なにやら動くものが。

即、たぬきだ!
と思いました。
それもやけにでかい。
元々鳴くのかどうか分らないけれど
そいつはこっちを
みて助けを求めるような「まなざし。」

一緒に散歩していた犬は
最初気がつかない様子でスルー。

私も飛び掛ってこられても
恐いので
ササッと
通り過ぎたら
温泉センターの主人が落ち葉を掃いていたので

「おはようございます~。そこに大きなたぬきがひっかかっていますよ~」
と報告。大きい事も告げたら
鉄の棒を持ってたぬき(と思われる)の所へ。

頭を一撃し
一瞬じっとしていたが・・いやはや・・・。

ここの観光農園の持主が
警戒していたらしく
ワナにかかっていた模様。

そのとき愛犬は
きずいたけど
吠えはしないけれど
飛び掛りそうな勢い。
やっとおさえて帰宅。

家族にこのことを話したら
それは「あなぐまじゃ~?」と。
持主曰く、最近中のいちじくを
荒らされていて
たぬきにしては
破られたビニールが高すぎると。
へ~そうなんだ・・と感心。

次にその「現場」へ来た時は
既にカラスが来ていた。
おそるべし!カラスめ。ハイエナやね、まるで。

鉄棒で一撃したのに
まだワナにかかっていない自由な手足は
もぞもぞと動いていた。
するとやがて猟友会のメンバーが到着。
二人がかりでおさえて
ワナをはずしていました。
丸々と太って
たぶん「あなぐま」
顔がたぬきにくらべてかわいい。
でも悪さをしようとして
山から下りてきたのね。

最近は野生のシカもいるそう。
なんか時代が逆行?

CIMG9406.jpg
~だって~僕より大きかったんだもん。~


「一時釈放」
犬を保護している
例の労役中の入居者の一時釈放日時は
11/24であると、
担当の検事さんから事前に聞いていたので
それと言って部屋の荷物もそのままにして
待機していました。
前日、この入居者の友人でもあり
別の管理アパートの入居者からも
「明日ですよね?釈放の日は」と聞いてきたので
連絡あれば電話するよと
伝え、逆にどんな感じかを
詳しいこの友人に尋ねたら
たぶん、午前8時に告知されて
そのままバスに乗り込んで
検察庁に移動すると思います。

との事だったので
検察丁から市役所は近いので
そのまま行ってくれるだろうと
期待していた。

そしたら当日の本日
午前9時50分頃市役所の
担当者から連絡が入ったので
「今そこに来てるか?」と問うと
来ているとの事で、
市役所からも賃貸借契約続行の確認が
あり了承した。
ただ12月の中旬から再度残りの
労役に入る場合、その分は支給されないことは
念を押された。

う~ん
それはあまり了承したくないけれど
空けとくよりは無駄な経費もかからないので
仕方なく了承した。

そして本人に連絡して
市役所が検討後支給されても
弊社に入金するまでは
部屋への出入りを禁止すると
告げた。
「わかりました」といったけど、
鍵持っているしそこは、わからない。

そして12月からの労役に再度入る分は・・・・と
言いかけたところで
「いや、それはもう行かないつもりです」
とか抜かしている。
行かないという事は、支払わないといけないのよ。罰金を。
どうすると?
「仕事を見つけて~」とか又
うんこちゃんみたいなことを言っているから
現実を見据えることを強く訴えた。
(甘いんだよな~)

てなことで
ま~明日以降にならないと
市役所が生活保護を再会してくれるか?果たして
それは
いくらかは分りませんが
なんとか落着。


そして午後からは
今度は猫裁判の公判です。
今回から代理人を付けて
やり直す感じで挑みます。
次回私は承認で法廷にたちます。
こちらも乞うご期待!
主人を待つヨークシャ

「サンクスイルミネーション」行ってきました
もう観光名所になってしまった
最春館のイルミネーション。
一昨年は
始まった年だったから
規制はなかったけれど
今は日曜日は行っておらず、
ナンバープレートが
偶数の日と奇数の日に分けています。
それだけ多いからだと思いますが・・・・
県外から来て
このことを知らずに入れなかった人もいるんじゃ?
私も知らなかったし・・・

同行者の車が偶数で
そういえば
「この日しかない!」と
言っていた意味がやっと分りました。

5時半開始で
我々が着いたのは4時半過ぎくらい?かな
既にそのとき20番くらい。

CIMG9354.jpg
公道が行列が出来るので
ある程度の時間になると
途中まで入場させてイルミネーションが
始まる箇所まででストップ!

入場料は500円
それ以上も以下もない。

とちゅう、夕日が綺麗だったので
パチリ!
CIMG9356.jpg
一昨年も紹介しましたが
車から降りれないし
走行中の写真撮影は
難しいです。
が、なんとか新作を中心に撮影。
CIMG9357.jpgCIMG9358.jpg

CIMG9362.jpgCIMG9365.jpg

CIMG9367.jpgCIMG9372.jpg
CIMG9375.jpgCIMG9370.jpg
うまくてれなかったけれど
今回一番綺麗だったのは
一面にちりばめた青い絨毯。
途中、流れ星がながれるような
仕組みも作っていて
まるで天体のよう。
それといるかが波と戯れているサマも
作られていて
相変わらず圧巻でした。
CIMG9376.jpgCIMG9374.jpg

CIMG9377.jpgCIMG9380.jpg

CIMG9379.jpg

他、クリスマスバージョンや
ピンクの光のトンネルは
割愛しますが
あいかわらず
素晴しい!

だいたい所要時間20分というところでしょうか。
降りてきて
ちゃ~んと
撮影箇所は設けてありましたので
そこでも
たくさんの人達が撮影していました。
(仮設トイレもありました!)

今年は何人の入場者がありいくら集まるのでしょう!





四国「龍馬伝」の旅~2日目・3日目~
2日目。
この日はまさしく一日
「龍馬伝」に関する観光でした。

8時に道後プリンスホテルを出発して
松山インター~高知インターを経て
「土佐・龍馬であい博」会場へ。
~途中、南国(ナンコク)サービスエリアでの壁画。~
CIMG9255.jpg


場所は高知駅の隣接ていうか
敷地内で土佐電鉄とよばれる
路面電車も乗り入れられる場所で
たぶんシンボル的存在?

漫画家のやなせたかしさんの故郷でもあるので
電車が乗り入れるたびに
「アンパンマン」のオルゴール音がなるのだけれど
ここでも龍馬生誕祭真っ只中、
NHK龍馬伝のあのテーマソングが
延々と鳴り響いていてアンパンマン聞こえません!
CIMG9261.jpg
~この駅舎の向かって左のほうに「であい博」あります~
CIMG9256.jpgCIMG9259.jpg
ここでは色んな出店がならんでて
もうすぐお昼というのに
土佐地酒の試飲や
揚げ物、丼もの・・・
旅行はこのつまみ食いが楽しい。
ここでは龍馬肖像入りの箱に詰められた焼酎を購入しました。

そして又市内をバスで移動。
途中「はりまや橋」や「よさこい節」音色のからくり時計
のあるとおりを通り抜け一路「桂浜」へ。

昼食後有名な銅像のある公園へ。
CIMG9263.jpgCIMG9266.jpg
龍馬と同じ目線で海岸を見たくて・・・・
櫓の上へ
上って見ました。これも入場料100円です。
ほんと工事現場の足場状態!
CIMG9265.jpg
CIMG9270.jpg
浜辺でもなにか櫓をくんでいました。
この日も何かイベントがあるのでしょう。
~あちこちにこのような旗が!~
CIMG9271.jpg

そして今度は「龍馬記念館」
NHKの龍馬伝のエンドロールで
撮影協力でも出てきますんで注意してみてて!
それくらい充実した記念館です。
龍馬および幕末の状況がわかる資料が揃っています。
CIMG9272.jpgCIMG9273.jpg

この旅行を企画する会議の時
本来はこのあと金比羅山に登ってそのまま
香川のお宿へ・・・・という企画でしたが
今、やはり「龍馬」という事で
「岩崎弥太郎生家」を見学することに。
じつはこのコースは強行で、
生家は「安芸」にあるため
行って戻る感じ。

生家は田んぼの真中のような道をバスが走り、
ガードレールもないので心配していたが
よ~したもんで
付近になると「旗」が立っていて
なんと大型車専用Pもありました。
CIMG9274.jpg
駐車場からかやぶきの家が見えてまして
歩いて到着しました。
するとまずボランテイアの案内係りの
おじさんがいて
第一声
「テレビの龍馬伝のイメージは忘れて下さい!」と。
あんなに弥太郎は汚れていないし
家もそんなにすさんでいなかったらしい。
これは三菱系からもクレームが来たほどだとも。
CIMG9276.jpgCIMG9275.jpg
「わしの家には日本地図がある!」とかいうくだりがあったかと思いますが
それは事実で、弥太郎が子供のとき、庭に石で作った日本地図が
この右側の写真です。
この蔵といい、昔からの裕福さが伺えますよね。
CIMG9277.jpg
実際、龍馬のすんでいた地域とこの弥太郎生家のある安芸では
40Kmはあるので
子供の頃から遊んでいたとは絶対ない!
とも説明がありました。
ただ、龍馬の姉、乙女さんが
嫁いでいた家がこの安芸の近くであったため
この前を通ったりすることはあっただろうとも。

実際は長崎で
亀山社中の金庫番(今の経理部長?)みたいなことを弥太郎が
していたので
龍馬との接点はその時期の半年間だけ。
まあ、龍馬伝はフイクションですから。
でもそのおかげで
岩崎弥太郎も脚光を浴びて
こんな田舎のお家が観光地になるのは恩恵でしょうに。
当然、周りには出店が出ておりました。

そしてこの痕
この日の宿泊地、琴平のほうへ一路。
南国IC~善通寺ICを
経~て~
旅館・琴参閣へ到着。
まずざばっとフロをあびました。
とてもおおきな豪華な旅館、ホテルでした。
なんでも中・四国最大とか。
CIMG9278.jpgCIMG9279.jpg

料理も豪華です!
CIMG9280.jpg

この日も宴会後と
翌朝のお風呂を楽しみました。
~漢方風呂がとっても気持ちよくっていつまでもポカポカ~

最終日はひたすら帰路へ。
善通寺IC経由で今度は陸路。
しまなみ海道を行きます。

3日間とも雨にはたたられなかったものの
すごい黄砂の影響で
なんか曇っているような状態。

でもしまなみ海道通過中は一番の快晴でした
そして最後の見学、「平山郁男美術館」IN尾道・瀬戸田町。
昨年亡くなった同氏は
東京芸大の学長をされていたんですね。
多くの作品が展示されていて
たくさんの人が訪れていました。
私の父と同じ年生まれで何か縁を感じ
私が生まれた時にかかれた作品の
一枚のポスターを購入しました。

同氏の幼少期の絵日記が展示されていましたが
文章や文字は確かに小学生そのものですが
挿絵が非常にうまく、
既に出来上がっていました。
やはり違うものがあるのですね。

そして昼食後
生口島南ICを経~て~
熊本ICを目指します。

~壇ノ浦SAで。~
CIMG9284.jpg

この橋を渡れば九州です。
到着は予定より少し早く
7時30分過ぎには着きました
それから徒歩で帰宅し
龍馬伝は始まっていたので
10時からの放送をじっくり見て
この旅行を省みておりました。
「龍馬伝」の旅へ行ってきました~
本日11月15日は坂本龍馬の暗殺された日
そして奇しくも生誕した日でもある。

ゆかりの地では
生誕祭やなんやらで
イベントが行われてます。

とき丁度同じくして
我々宅建協会水前寺支部の研修旅行が
11/12(金)~11/14(日)に行われました。

終わってみれば四国・龍馬伝ゆかりの旅行となりました。

~1日目~
午前7:30出発予定だったので
いつもより早起きして出かけていきました。
雨降っていたのでゲッ!とおもいましたが
その時だけでした。

ルートは行きは船便。
大分県の臼杵から八幡浜港まで割りと豪華なフェリーで。
特にここで出た昼食のお弁当が
美味しくて、1,000円とは思えないほど。

あっ もちろん
出発直後の8時台から酒盛りは
始まっていました。
CIMG9231.jpgCIMG9232.jpg

1日目は移動が殆んどで
この日の観光は一箇所のみ。
「坂の上の雲ミュージアム」。
愛媛県松山市のほぼ市内中心地にあるこの施設。
司馬遼太郎の原作で同名の小説・題目でNHKテレビでも
放映されましたね。

松山市は3回ほど旅行で来ているはずですが
市内中心地に徒歩で来るのは初めてで
施設の多さに比べて案外静かな街と言う印象。
CIMG9235.jpgCIMG9236.jpg

CIMG9237.jpgCIMG9234.jpg

路面電車が走っています。
この電停の所辺りからアーケードとは反対側に
入り込んだ所にあります。

CIMG9239.jpgCIMG9238.jpg

中に入ればもっと
分りやすいですが
安藤忠雄の建築です。
CIMG9240.jpgCIMG9243.jpg

展示物は当然撮影禁止ですので
お見せできませんが
トイレも充実しており中々な造りです。

隣接には元迎賓館「萬翠荘」があります。
CIMG9246.jpg
この奥に
「曼陀仏庵」があるのですが
先の大雨の時の土砂崩れで崩壊し
現在移築するかその場に建直すかも
決まっていないそうです。

余談ですが
すぐ近くに「友近歯科」とありました。
愛媛はこの姓が多いんですね!

そしてこの日は
そのまま御宿入り。
「道後プリンスホテル」。
でもちゃんとした大きなホテルで
宴会場も大浴場も露天風呂もありました。

CIMG9254.jpg

早速、ざばっと一回目のお風呂にはいり
足ツボアロマ・マッサージをしました。
~宴会のお料理~
CIMG9250.jpgCIMG9251.jpg
宴会は例年のごとく
カラオケでもりあがりました。
ある人は毎回「北空港」というヂュエット曲を
入れるのですが
誰も歌う人外なのか
過去に私、2回ほど歌ったんだけど
今年もその歌を入れていて
案の定誰も歌う女性がおらず
無理やり又私がひっぱりだされたんだけど~う
決してこの歌が好きではないのけれどな~

てなことで
宴会も終わった頃2回目のお風呂に
入りました。
本場の道後温泉?まで無料シャトルバスが出ていて
そこで入湯も出来ます。(400円)

お風呂から部屋に帰ってきたら
既に同部屋の人達は
就寝しており
10時半には私も就寝しました。


テイントーロ ミニ発表会 inタパス
先日無事開催されました。
我らが テイントーロの発表会。
みんな、1年がかりでこの日のために
焦点を合わせてくるので
当日はさすがに緊張。

今年は髪が短いので弱冠心配でしたが
なんとかシニヨンにまとまりました。

衣装は昨年のものと
借り物で済ませたので
あんまり金額はかかりませんでした。

CIMG9152.jpg
CIMG9153.jpg
衣装等をスーツケースに詰めて
いざ出陣!
帽子をかぶって電車に乗り込んだのが
既に13:00すぎちゃって~!
到着したらみなさん会場設営と自分設営で
必死でした!
~楽屋の様子~
CIMG9154.jpg

準備が出来たチームからリハーサルの開始。
われわれ「木曜カラコレス」チームは一番なので
一番にリハ。

ここ、タパスに来たのは
初めてではないけれどライブで使用は
初めてだったので
まじまじと見ると案外ごった返しているのね。
(階段がちと恐い)
CIMG9157.jpg
CIMG9158.jpg
本番の演目は
カラコレス~テイエント~ソレア ボル ブレリア
~カラコレス~ガロテイン~テイエント

休憩をはさんで第二部。
ゲストと先生達のファンタンゴデウエルバ~タラント~フィンデフィエスタ~タンゴ

そして全員でセビジャーナス
という事で終了。
そして衣装のまんま
皆で会場を片つけて
テーブルを出して
打ち上げです。

CIMG9165.jpg

CIMG9169.jpg
CIMG9172.jpg
CIMG9174.jpg
CIMG9173.jpg
CIMG9175.jpg
ひとしきり
のんだり食べたりした後
セビジャーナスの踊り放題タイム~
CIMG9178.jpg
CIMG9188.jpg

CIMG9183.jpg
CIMG9194.jpg
CIMG9191.jpg

そうこうするうちに
パエリアが出来上がりました!
やはり大鍋で作る
本格的パエリアはおいしいです!
CIMG9195.jpg
CIMG9196.jpg

「発表会前の追い込み」
CIMG9073.jpg
今のネイルは
こんな感じで久々の赤系統。

それは日曜日に迫った
フラメンコのお教室の発表会にちなんで
情熱の赤バージョン。

今年の演目は「カラコレス」
基本、コンパスはアレグリと一緒で
最後まで行くので
途中のシレンシオを除けば
一定ちゃ~一定。

今年は途中参加のメンバーの追い込み練習も
あったので割と詰めて自主練の連続。

私が行けなかった10/17を皮切りに
10/27・10/30・31と小一時間づつですが
寄り集まって頑張りました。
そして通常のお稽古が
木曜日にはいるので
もう完璧!かと思いきや・・・

先日3日の日にリハーサルを行いまして
ギターさんとカンテさんも駆けつけて・・・


う~ん
早速緊張してるのか
飛んじゃったり
あわなかったり
間が逆に余ったり・・・
本日のお稽古の時が最後の
練習になるかもですが・・・
果たして
本番はいかに・・・?
CIMG6336.jpg