FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

モーニングセミナーでの初めての講話体験記
今期の9月から初めて幹事になったので
今までのように6時までにとりあえず行っとけ みたいな
感覚とは違い5時には到着して準備をしないといけないという・・・
何とか9月の1ヶ月間はやりとげて
10月もやり抜こうとしている今日この頃。
10月初旬から
体調が悪いのはこれかしら?
そして先日の23日朝には新人幹事3名で合同の講話となりました。
一人が仕事で来れなかったので
二人で40分を分けたのですが
用意した原稿では全然余ったので
あとは、質問形式でした。

当然書籍販売の件も
フラメンコの件も出たので
その場~で講話。

「どんな内容か触りだけでも・・・」と言われたので
やはり 社長失踪の話を。
当然結末は本を読んでいただければと・・・(爆笑)

だってそうでしょう。
事務所にも在庫はすでにありますが
やはり本屋で購入していただきたい。

しかし熊本県内のすべての本屋にあるわけではないのですね~
先日文芸社さんから置いてある本屋さん一覧表が送られてきましたが
確かに北は北海道から沖縄まで網羅されてるけど
例えば熊本でも
山鹿市に1件、熊本市は私が選んだ、蔦谷三年坂・リブロ熊本店(県民百貨店6F)・
紀伊国屋 光の森店、 BOOKsあんとく 荒尾店
なんですよね~
やっぱAmazonが一番確かです。
でも下記の注文書をどこの本屋でもいいので持参すると
お取り寄せ出来ます。
かえって印象づけられてそれもいいかも。
s-4C233A4F.jpg
この用紙は
ご一報いただくとFAXやメールでも送りますので
よろしくお願いします。

12月5日には
コッコファームで
合志準倫理法人会のモーニングセミナーでの
講話を依頼されました。
しゃべることよりも
あの場所に6時前までに
到着できるかな~

~大和ハウスさんの合志南販売事務所にいる二匹の猫ちゃん。
 いつ行っても、私にスリスリしてくる、人馴れした子達です。~

s-写真 2
s-写真 4


倉敷旅行記~2日目~
二日目のこの日は朝から晴れ間も見えて
まずまずのスタート。
お寺さんから徒歩で帰ったあと朝食をすませ
九時にはバスでホテルを出発。

旧広兼邸についた頃には又雨模様でした。
ここからは地元ボランテイアの同じく広兼さんという
78歳の方がガイドを。
この村には横溝正史の親御さんの出身で
横溝さん自身も戦時中、疎開していたらしく
そのイメージで「八つ墓村」を作ったらしいです。
そして映画、ドラマと2度にわたってこちらの
旧邸でロケがあったとの事です。
真 5
村全体を見下ろすような形で建物はたっており、熊本城も真っ青なくらいの石積は
何年もかかって人区での作業という素晴らしきもの。
たくさんの女中や嵐子のお部屋もありました。
  写真 1
  写真 2
写 2
写真    2
真 1 真 3>
写真     4
写真    5
今は町に寄付されて
このような観光名所に。
今にも強烈な個性の強い面々が出てきそうな・・・
でも犬神家の一族とごっちゃになりそう。。。
写 4
写真     1
真 2
写真     2
写真     5
写真     3
この地方特有の瓦です。この塗料、弁柄(ベンガラ)の村へこのあと行きました。

高梁市(タカハシ)成羽町という所にある
「吹屋ふるさと村」はこの弁柄一色の街です。
写真  4
写真 2
こちらは現役の郵便局。
写真 3
写真 5
ちょうど作業をしている人に遭遇。
粉でベンガラは売ってあるからこれにニスを混ぜて塗るそう。

そう、この街は古民家が軒並みにあり、重要文化財に指定されています。

写真  5
写真  3
2.jpg
懐かしような戸棚や土間にあるかまど。
どれも今は昔・・・
写真 4

あの~来月支部全体の京都旅行があり
研修部長の私は必死に計画をしていますが
町屋散策を入れようかどうしようか悩んでいましたが
この吹屋村散策したら
腹いっぱいになって、もう京都はいいんじゃ?・・・みたいな。


さて
一路岡山駅に到着して帰路につこうかしたら
やっぱり、今回も台風で新幹線遅延。

すでに100分遅れています。

ということは私達の指定席をとっている電車は
果たして何時に出て
今日中に着くの?状態であった為
幹事のさばけたお姉さんが
JR窓口やJTB・担当者さんに矢のような口撃で
交渉の結果、なんと次に来る
たぶん自分らの乗る電車より数本飛ばして早い奴に
乗り込みました。
流石です。

結果、予定より30分位の遅れで熊本駅に到着することができ
ピーちゃんのお迎えは出来なかったけど
ほかには影響なし!

何はともあれでした。

鳥栖で偶然にも
香子さんに遭遇し、熊本泊り、それも私んちの近くのホテル泊だったので
それからご飯食べに行きました。

1週間たった今日、
また台風が迫っています。
今年最後の台風であってほしいものです。
倉敷旅行記。~1日目~
先週の台風の時。追っかける形で北上しました、女性ばかりの不動産屋さん一同。
新幹線にて岡山へ。
到着したら「さむっ」・・・
前日まで熊本は25度以上の蒸し暑かったのに
この日の岡山は22度位。

さっそく倉敷・美観地区へ向かい
昼食前にぶらっと。
写真 1
柳川を彷彿させるような水辺の石畳。
たくさんの店が並んでました。
写真   2
写真   3

中国銀行の倉敷本店出張所は、以前は第一合同銀行の倉敷支店として建設されて
設計者は大原美術館と同じ薬師寺主計。
現在も盛業中です。
写真   5
その、大原美術館へ。
分館やら工芸館やらで敷地も広いけど
所蔵されてる美術品も数多い。
写真  4
写真  3
これは別館ですが、新鋭作家の作品も多く展示されていました。

時間がなくて行けなかったけど
棟方志功の工芸館等も有り。

昼食場所が倉敷国際ホテルだったのですが
ここのロビーに、棟方志功の大作が掲示されておりました。
写真 5

その昼食。
女性ならではの旅行です。
心をくすぐるメニューの数々。
もちろんワインをいただきました!
写真 3
写真 4

食後も美観地区を散策したり買い物したり楽しみました。

有鄰荘は通常は入館できないのを特別に
はいらせていただきました。

写真   4

写真  1

有隣荘は倉敷の素封家である大原家の別邸として、昭和3年に完成した豪邸です。
当時実業家である大原美術館の創設者、大原孫三郎が病弱な妻を気遣い「家族のための落ち着いた住まいを」と
建設されたのですが、実際は迎賓館みたいな利用をされるし、その妻も1年ほど住んで亡くなるなど
あまり利用されていないですね。

この日のお泊りは
倉敷由加温泉ホテル「山桃花」さんへ。
日曜日の夜とあって
館内はひっそりと。
でもものすごく贅沢な造りの温泉宿で
通常は4万ほどするらしいのですがここはまた、幹事さんの腕で
お安く団体割引していただきました。

しかし湯質は山鹿みたいな、しっとり温泉で、お料理も上品系でした。
わたしはお決まりのマッサージを。
もちろんエステでなく指圧の方です。。。

翌朝は、朝から近隣にあった
お寺と神社が隣り合わせ(だけど仲が悪いらしい)にある所へお参りへ。
結局神社さんは分からづじまいで
お寺さんだけおみくじ引いて詣ってきました。

願いが叶いますように~