FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

競売を取り下げてまでも任売致します~の巻いー



相談の発端は今年の初め。

場所も物もそれは中々よさげな。
昨年末時点の住宅ローン残高が
延滞利息も含めて3500万は超えている。
とても支払い能力本人さんにはムリ!

そして今年の初め
裁判所より差し押さえされ
競売の準備に入る。
執行官が来たのが1月下旬。

そしてその頃本人さんより
破産申し立て準備に入る旨の
通知があり同時に家も売ってもいいと。

しかし時は既に遅し
債権者も着々と準備しているから
評価が出るまで待って
取り下げてもらおう・・・と
ずっとまってまって
約半年。

入札の日程決まったら通知が来るから
必ず電話ちょうだいって再三本人さんには
いって聞かせておいた。

5月の連休あたりには先に
買付をもらってしまい
それから買受希望者にはまだかまだかと
追い立てられ
中々繋がらない売主の電話に再三確認するけど
書類はまだ来ないとのこと。

6月に入り
売主に電話をするけど
「まだ来ないから来たら必ずこちらから電話する」とのこと。
なぜ
このように急ぐかと言うと
入札の始まる時には
取り下げ後の決済も終えていなくてはいけない。

そしてその取り下げ希望も
入札時にわかる専用の鑑定士が評価した評価額に
基づいてそれ以上の額を挙げないと
テーブルにはのらない。

その時間の短さを問うと
債権者は「入札発表から充分時間はあるから・・」と
そっけない。

仕方なくもんもんとした時間を過ごし、
7月になったので再度何回かの末売主に連絡つけたら
「来てます。通知」

はあ~

だけん、それば急ぐていうたでしょうが~!が~!が~」
@訳(だからそれを急ぐといっていたでしょう?)

それからが速攻大変。

いっ・・・ いつ・・・・いつですか?に にゅ・・入札・・・

「8月21日からです。」
・・・6月中旬頃に来たんですが
掃除もしてないし・・どうしようかと思い・・
言いそびれてました・・・・って。

うっ う~ん
入札1ヶ月前までには書類揃えて
テーブルに載せてもらわないといけないので
ぎりぎりの時間。
まずは金額の決め手になる「評価額」。
裁判所に備置きされる開始日はあと4日。
しかしこの日には新聞にも掲載されるから殺到するかも。
なんとか利害関係者だったら事前に確認できるから
本人に聞いてみたら
仕事で一切裁判所まで行く暇無い。とのこと。
裁判所に代理人でも委任状持っていればいいか
と尋ねたら
委任状あっても家族しか駄目とのこと。
う~ん
厳しくなっている。

しょうがない。
備置きされる日まで待って
朝一に裁判所へ。

コピーとったら
何を間違えたのかいまさら全てB5でコピー
しかしもったいなかったので
必要所はわかるしそのままスルー。

そして今回の売却基準額は1000万ちょっと。
しかしそれは元になる評価の6掛け程度。
で、その元の額を超えるぐらいで債権者へ。
ここの債権者のは何回かやっているので
配分表から見積から付けて送った。

回答は金額のUP。
う~ん強気だ。あくまでも競売に持っていきたい模様。
しかし買受希望者も欲しくてたまらないんだろう
1日おいてOK。まあ条件は付いたけど。
それと評価書の全てのコピー添付を言われた
くそつ!
B5でコピーしたのを又裁判所に行ってA4に取り直し。
あとは売主が破産申し立て中か免責認められていたならば
引越し代が捻出できるので
その見積もとらなくちゃと思っていたころ
引越し先を見つけたという噂を。
で、書類を本人から入手したら既に賃貸契約書もあるいし
締結日は昨年12月だしもちろんそのときの領収有。

なんで?
なぜ~毎月家賃を既に支払っている家があるのに
そこで生活しないでここにいるの?もったいないでしょ!

答えは単純。
引越しする時間とお金と気持ちが無いからって。
どたんばにならないとしないタイプね。

じゃあ~引越し代が出ると決まったら
業者雇って1度で済ませましょう。

債権者からOKの返事もらったのは8月にはいってから。
入札日までには決済しますからその又10日前までには
日程を連絡くれとのこと。

よっしゃ~
ここまできたらあと一息。
叱咤激励で引渡しまでとことん付き合います。
ここが大事。
急に気が変わることもあるし
色んな問題が表面化してくる時期でもあります。

そしたら案の定・・・・
(続く  下の・READ MOREクリック)






権利書の確認をしたら
それが・・・
元々この家は夫の名義だったけど
離婚したと同時に奥様の名義にしたのですが
所有権移転は謄本でも確認したし変わっているけど
そのときの司法書士さんに報酬額を払っていないらしく
手元に権利書が無いと。
そしたら
どうせそこに取りに行くとしてもお金がいるでしょうから
もうないものとして
本人確認情報でやっていただきましょうと。解決。

その②
分かれた夫は現在行方不明。
売主の権利はないから売買には影響ないのですが
この債権には連帯債務者。
よって債権者としては家を売却しても残債があるから
今後の生活予定表をその夫に書いて欲しいと。。。
う~んこれは困った。
しかしこれはこちらで裏技使います。

そして先日
めずらしく売主から電話で
「それが困った事があるんですよ~」・・・と。
今度はなんですか?

「庭に動かない車があるんですが
この名義が息子の分かれた妻のお父さんの名義で
自動車税も滞納しているかどうかわからないし
車検も受けて無いし、息子が知り合いの車やさんに相談に行ったけど
もっていけないというんですよ・・」と。
ふ~ん
じゃあ、私の知り合いに来て見ます
といって昔自動車デイーラーにいた私は当時の先輩に
たくさん自動車修理工場やらいるので
そのなかでも信頼のおける宮もっさんに相談したら
一発。
軽だし、所有者もローン会社や販売会社でなく本人なので問題なし
もって行きます。との事。
問題なし!

債権者からも裁判所取り下げ用の印紙代の請求・領収終わったし

そして先日無事引越しをして
今の所順調。
盆空けに決済です!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/201-f19ef84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)