FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ドラマ「ありがとうございます~コマスミダ~」1・2話視聴
BS日テレのお昼の帯ドラマ。月~金と毎日あるからついついみてしまう。
この時間に今週月曜から始まったのが「ありがとうございます。」
感動とは聞いていたけど、
1話見終わった時・・・・・・

いいっ
と思わずつぶやいたわ~

脚本がいい。(前週まで放映の「島の村の先生」に比べたら・・・・たいがな~)
キャストもいい。
コンヒョジンは「サンドウ学校へ行こう」のときもそうだったけど
決して美人ではないんだけど
出てくるだけで切なくなるような女優さんだ。
何なんでしょう。今回は子持ちの役。
きっと父親はソンシンロク?(@恋するハイエナのゲイ役の二枚目)

そしてチャンヒョク。
元々好きだったけど
「僕かの」のときみたいにアホズラでなく
「明朗少女成功記」みたいに軽くなく
除隊後とあってすごくシャープだし・・・

子役の子が一番感動みたいですが・・・・
1話の最後のナレーションが
たぶんチャンヒョクのココロの声で
「なんでそんなに急いで逝ってしまうんだ。さよならもいわずに・・」
と船の上で死んでしまった恋人を抱きかかえたままで終わるところとか
さすが「ごめん愛してる」の脚本家だなと。納得。
100020591.jpg


あらすじ


女医ジミンはHIV感染させてしまった子供への謝罪を誓うが、ガンに冒され他界する。遺された恋人の天才外科医ギソは自暴自棄になり医師をやめるが、例の子供と出会って……。チャン・ヒョク主演による感動ドラマ。

【シリーズ解説】
韓国放映前、期待度を問う視聴者調査では最下位だった「ありがとうございます」。しかし、蓋を開けてみれば「魔王」「魔女ユヒ」の強力タイトルを抑え、水・木の視聴率をほぼ完全に制してしまった。その理由は「ごめん、愛してる」の脚本家による完成度の高いストーリーとキャストがハーモニーを奏でたから。除隊後復帰作となったチャン・ヒョクが、心を閉ざした医師を繊細に演じ、日々前向きに生きるシングルマザーを自然体で演じたコン・ヒョジン。認知症の祖父を演じたのはベテラン俳優のシン・グ。そして、このドラマで軸となるのは輸血でHIVに感染した子供を天真爛漫かつ、大人顔負けの演技で涙を誘ったソ・シネ。閉鎖的な田舎で病気だけではなく、偏見と戦う主人公たちの姿に涙を通りこして、嗚咽が止まらなくなる。“HIV"“認知症"など重いテーマながらも、回を追うごとに視聴率・人気が上昇し、秀作といわれた所以は、そこに家族や人とのつながりの温かさが描かれており、それが多くの視聴者を感動と温もりで包み込んだからである。
【シリーズストーリー】
傲慢だが天才外科医のギソと、同じ医師で末期ガンの恋人ジミン。二人は、ジミンの医療ミスでHIVに感染した子供に謝罪するためにその子が住む“プルン島"に向かっていたが、ジミンは途中で息を引き取ってしまう。「もし会えなかったらあなたが伝えて」という言葉を残して…。自暴自棄となり医師を辞めたギソは、ひょんなことから“プルン島"に行くことに。そこで、8歳の娘ボムと認知症の祖父を抱えるシングルマザー・ヨンシン家の離れで居候を始めるが、ボムこそがあの子供だと知る。ギソは自分を天使だと信じるボム、お人好しなヨンシンらと優しい日々を過ごすが、ある日島中にボムの病名を知られてしまう。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/215-b2958928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)