FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「宅建水前寺支部研修旅行」山陰地方へ行ってきました~
日程は10月24日~26日の2泊3日。
友人の結婚式を欠席してまでも参加したこの旅行。
そりゃ~楽しくなければ意味がない。
初めての試みで船内1泊。
まず1日目

県庁集合して不動産やさん一同を乗せた熊鉄バスは一路
高速へ。まずは太宰府の国立博物館。
天満宮と隣接だから見学後梅が枝餅つきの昼食。
CIMG4191.jpgCIMG4176.jpg

CIMG4189.jpg
モダンなガラス張りの外観とは裏腹に
内観は木材をふんだんに使ってました。
大宰府天満宮
学問の神様には海外からも観光客きていて
平日なのに大盛況。
CIMG4184.jpg>CIMG4185.jpg

バスの中でさんざん呑みくいするんだけど
ベツバラなのか入るのよね~
そしてレトロ門司港へ。
昨年暮れに対岸の下関唐戸市場界隈には行ったけど
ここにも来たかったんだ~
31階建ての黒川紀章設計によるリゾートマンションいや億ションとやらに
先ずは昇ってみました(門司港レトロ展望室)
CIMG4201.jpgCIMG4200.jpg

CIMG4197.jpgCIMG4196.jpg
時間があればもっと
散策したかったけど・・・かつて貿易港として栄えた門司港は
多くの歴史的建造物が残り懐かしい風景や関門海峡を望む雄大な景色
そしてバナナの叩き売り発祥地など時間を忘れるくらい厭きの来ない
街並です。
CIMG4202.jpg国際友好記念図書館
センターリバー門司港店CIMG4204.jpg

阪急フェリー「やまと」という名称で
正確には新門司~六甲アイランド。
門司港から船にのって神戸につ~いた~
てな感じで船内で夕食、朝食、カラオケ
まずはお風呂に度肝を抜かれた。
もうイモ洗い。もうつかるだけ。
そして2等客室てこんなもん。
おとしもので前客のものかはたまた清掃業者の忘れ物か
ブルガリの腕時計が。もちろんフロントに届けたけど
船内では拾得物にはならないそう・・・・
CIMG4217.jpgCIMG4215.jpg
本読んでたら眠ってしまって朝起きて初めて甲板に出てみると
夜が明けてきました。
神戸の街と夜明け前


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/237-204a7709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)