FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

熊商 神水会 第4回定例会初参加しました~
同級生が現在幹事を務める
熊商 神水会(クマショウ クワミズカイ)。
そう、同窓会の会合で
老若男女問わず卒業生で組織された有志の会。
もっとおえらい方々が(某デパート社長とか・・)
組織されている「熊商有志の会」の弟的な会合で
まだ発足して間もないらしい。

昨年暮れくらいからお誘いされていたけど
いつも何がしらとぶつかり
行けなかったけど
今回は校内にある学習センター「蛟竜館」(コウリョウカン)で
現在の校長先生でもありOBでもある西村先生の卓話会だったので
行くことにしていました。

この日は福岡のホテルオークラで全菅共の総会があったので
時間ぎっちぎちで昼食も夕食もろくに
食べれず、折角天神界隈に行ったのに
とんぼ帰りでショッピングも友人にも会えず
ひたすらバスで往復のみでした。
福岡都市高速より
19時からの会合に県庁前バス停に着いたのが
18:45分だったので
もう家には帰らずそのまま裏門から
なつかしの校舎へ侵入しました。
ところが何がしらおおがかりな工事をやっていて
通り抜けられません!

その蚊竜館は昔の武道館跡地にできた大きな施設の1階。
場所はいつも外から見えるから行ける筈なのに
いけない。

そこで又面倒くさいけど
電車どおりまで出て
正門から入ってきました。
(どうやら新校舎建築でした。)

会合は早速始められ
幹事の川元君がなんと司会を始めました。(いがい~)
そして度肝を抜かれたのは

校歌斉唱! 

CIMG5864.jpg

はい、OBん方は一緒に歌いましょう~
1、
東火を吐く大阿蘇の 永久に尽きせぬ噴煙は
我らの意気と 天を尽き
西有明の   海かけて
金峰山に   沈む陽は
若人の血と  燃ゆるかな
2、
出水神社の御手洗と 湧くや真清水玉清水
昼夜を捨てず日進の 学を修めんいざ共に
三年潜む蚊竜の   雲にかけらん日を想え

ここで出てきました。蚊竜(こうりょう)。
それから来てるのですね。納得。
そういえば最初から川元君が「これ読めんとたいね~」と言っていた単語。
校歌の歌詞にあると言ってくれれば私も思い出したかも!彼は知っていたのかな~


余談ですがこの校歌は最初に作られた明治41年作のではなく
昭和6年に制定されたらしいです。
この年に当時あった県立第二商業高校と合併し
当時京町にあった校舎が健軍村(現在地)に移った節目の年でもあったそうです。

やはり商業高校であったから昔から進学する人は少なく
現在の校長が最初のOB校長らしいです。

最近の受験は前期と後期に分かれていて前期ではスポーツ優秀な生徒も枠内で入学されるので
昔より男性も多く部活生が多数です。
勉強もスポーツも昔とはレベルが違うみたい
定員も県の方針で少なくなっているので
毎年最高の競争率は変わらないみたいです。

素晴しいお話とお土産を頂いて・・・
本日はこの西村先生が卒業生職員を中心にして編成したスタッフで
執筆した
「熊商人物伝」と学校のパンフ
そして熊商デパート20周年記念タオルを頂いて帰りました。
CIMG5865.jpg
CIMG5866.jpg

帰りがけ野球部の生徒でしょうか
大きな声で
「こんばんわ~失礼します!」
と一人ひとり が 会う人会う人 全員に
帽子をとって 挨拶されて
とっても気持ちもいいし
なんか少しだけ学生時代に戻った感じのひとときでした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/296-5e20788c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)