FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

癒しの旅路~平戸へ行ってきました~NO1
houkikyoukai
とかく
長崎県は市内・近郊をはじめ佐世保~大村~島原半島、隣接佐賀の
有田・伊万里地区・・・たいていは
仕事でも行った事はあったけど
唯一平戸の地には来た事なかったんだよな~
平成3年には生月大橋(イクツキオオハシ)も開通し
最近のETC傾向も反映してか
絶好の観光コースと化しております。

平戸といってまず代表されるのが美しい教会の数々。
世界遺産登録国内候補や、国指定重要文化財となっている
数々の教会がほとんど「鉄川与助」という人の建築で
レンガ造りが特徴。
爆心地からも遠かったから
ちゃんと残っていて
このあたりは公民館のように学校区ごとのように
集落に佇んでます。
場所によっては午前中のみ観光としてみれるところや
ミサに自由に参加できるところも。
この5月は聖マリア様の誕生月という事で
どこの教会でもミサが行われております。
その中で事前に電話をいれてお誘いを受けていた
生月町・山田集落にあるカトリック山田教会へ。
yamadakyoukaiCIMG5958.jpg

こちらも鉄川与助の建築で特徴的なこうもり天井は
めずらしい蝶の羽根のステンドグラスで彩られています。
でもこれは2階に上がって近くで見ないと蝶の羽根かとはわかりません!
5時半からのミサでは
次々と信者のそれも近所の方たちでしょう集まりだして
思い思いに十字架をきって椅子に座り女性の人達は白いベールをかぶり
シスターの人達も何人か集まり準備を始めました
ほどなく小学生らしき女の子と男の子二人が現れ
順番に唱え始めそれもよどみなく
ちゃんと申し合わせしたように。
(卒業式の答辞を皆でかけあうような)
本があったので
今どこを言ってるのだろうと必死に探したら
見つけたけど早くてついていけない
そんなこんなでひととおり終わると
実にみなさんあっさりと退散していきました。
このミサに参加する前に
田平天主堂(1918年建立)、聖フランシスコザビエル教会(1931年建立)
にも立ち寄ってきました。
~田平教会~
CIMG5908.jpgCIMG5913.jpg

~聖フランシスコザビエル記念教会~
CIMG5943.jpgCIMG5941.jpg
教会敷地内に珍しい小物が売っていました。
ここの主人がペットボトルで作った吊り下げようの器。
観葉植物等を入れるといいですね。
CIMG5942.jpg

翌日も午前中しかいけない教会を含め2軒行きました。
この日は前日とうって変わって抜けるような天気で
海の見える高台に建立されている教会が多いので
空と海の青さがひと際でした。

~カトリック宝亀教会・県指定有形文化財~
houkikyoukai2PICT0301.jpg

ここもすごくわかりずらい高台にあり
丁度道路工事が行われていてその案内版でかろうじて。
しかし上り詰めた後をふりかえると
真っ青の海が一望。
最初のマリア様の後から取った写真の教会です。
ここも地域に根付いていますね~

~カトリック紐差教会(ヒモサシ)~
1929年建立。紐差地区のシンボル的存在。
長崎市の旧浦上天主堂が原爆により倒壊した後は日本最大の天主堂と
言われています。
東洋でも指折りのロマネスク様式で内部のステンドグラスが素晴しい。
ここも鉄川与助作。
PICT0310.jpgPICT0309.jpg

平戸に入るためには平戸大橋、その先の生月に行くためには
生月大橋をわたらなければなりません。
ここは有料道路です。
もちろんよるにはライトアップもされてます。
PICT0313.jpg
道の駅からの生月大橋。3径間連続トラス型としては世界一の長さを誇る前兆960mの美しい橋。
PICT0315.jpg
すぐ近くには砂利敷きの海水浴場も新設されてました。

~平戸大橋~
CIMG5916.jpg
PICT0296.jpg

教会とは対照的な超日本的な建築物・平戸城。
こじんまりしてますが中々です。開放的で。
CIMG5920.jpg
中にはたくさんの歴史書物や展示物が・・
天守閣からの眺めは格別です。
夜はライトアップされてました。
CIMG5921.jpgCIMG5923.jpg

CIMG5917.jpgCIMG5919.jpg

CIMG5924.jpgPICT0293.jpg

修学旅行や慰安旅行にはもってこいの場所、平戸。
NO2では得意の食事ネタで。













この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/301-fe0cbd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)