FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

「熊本城」散策記。
半分公的な行事として
シルバーウイークの1日目には
わが地元のシンボル、熊本城へ行ってきました。


中々近くだと行かないものでして・・・
小学校の時に遠足かなんかで来た様な・・・

その周辺の道路はしょっちゅう通過しているし
博物館や伝統工芸館・KKRホテル等にもつい最近
行きましたが本丸はね~。

もちろん改装して初めて。
正直入口ってどこ?
てな感じでした。

市民会館で参加者と待ち合わせ5名の出発でした。
皆この後の宴会には参加するらしいのですが・・・・

いきなり坂道!
でも案外すぐ入場門はありました。
CIMG6570.jpg CIMG6569.jpg
CIMG6571.jpg CIMG6573.jpg

入場門手前左にある「宇土櫓」の案内の下に
「首掛石」・・って
生々しいんじゃ~?
これって。。・・


そしていよいよ雄大な大天守と小天守。
昭和35年になんと鉄筋コンクリートで復元されています。
この角度で写された、熊本のマンションのパンフレットをよく見ていました。
(景気のいい頃)
CIMG6575.jpg
たぶん私達がはいったのは
頬当御門。
数奇屋丸を右手に通り過ぎて
まずは売店。

この日も暑かったので
まずは水分補給。
CIMG6578.jpg
本丸のほうへ回りこみ
本丸御殿大広間へ。
この中は今回の大改修後の目玉で色んな展示品が。
靴を脱いであがります。
CIMG6580.jpg CIMG6579.jpg
CIMG6582.jpg
この日の夜に行われる「能」の準備が行われていました。
最高の舞台ですね。
そうこうするうちに、「若松之間」が見えてきました。
CIMG6583.jpg CIMG6585.jpg
城内は混んでて
中々シャッターチャンスむつかしいです。
あんまりとまってられないし、フラッシュ禁止ですし。この先に
「昭君之間」があります。
CIMG6587.jpg
きらびやか~!
パンフレットできれいに写してますのでそれを保存下さい。
茶室もあります。
ここでお茶会があるのでしょうか・・贅沢だ。
CIMG6589.jpg
一口城主として寄付をされた方の名簿が
数奇屋丸にあると、聞いて行って見ました。
CIMG6594.jpg CIMG6597.jpg

CIMG6598.jpg CIMG6599.jpg
たくさん名簿がきれいな手書きの文字で書かれてましたが
これでも今年の4月から7月の分のみ。
同行した人が寄付をされていて
見たけど名前がなく、調べたら3月だったと嘆いていました。

すばらしい建築物のこの中では
以前、最近羽生名人がこの城内で一戦あった模様。
CIMG6600.jpg CIMG6601.jpg
「石落し」
とあるように、きっとここから攻撃していたのでしょう。
このように小窓からは絶景が。
CIMG6596.jpg
城内にはこのような井戸も17箇所も現存しています。
CIMG6604.jpg

さだこ~
(別にいみはありません)

CIMG6603.jpg CIMG6602.jpg

竹の丸あたりからの
撮影が出来たらもっと分りやすかろう「武者返し」
熊本城の石垣は独特の弧を描く扇の勾配。下のほうでは
30度くらいが天端では75度の絶壁に。
熊本の人はどうしても
お菓子の紅梅のお菓子の1種、「武者返し」の話題に。
おみやげでもらってオール陣太鼓の時はショックとか。
やっぱ武者返しよねとか、店によっては焼きたてがあるとかも。

小一時間ほどまわったらほぼ重要どころは完了。
時間があれば天守閣に登ったり、
宇土櫓のほうの散策もおもしろい。

われわれはこの後宴会会場が用意されていたので
「城見櫓」へ。
ここは全席からお城が見える特等席な料亭。
何度か利用しますが今回もまた違うお部屋でした。
CIMG6608.jpg CIMG6609.jpg
CIMG6611.jpg CIMG6612.jpg
CIMG6616.jpg CIMG6613.jpg
夜になるとライトアップされ
またおつな物です。
10月の10日・11日にはこのあたり一帯で「みずあかり」の催しも開催され、
幻想的な雰囲気で包まれる事でしょう。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/338-0b5d1bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)