FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

スピリチュアル・・「幣立神社」行ってきました~
かねてより同業者の先輩が
崇拝していて絶対いいから!と
言われていた「幣立神社」へ参拝してきました。

ここの場所は私的には非常にゆかりのある
場所で
それこそとっても頼っていたすごい「まっぽしさん」が
居住していた目と鼻の先で
生前(4年ほど前に訪れた時それより3年ほど前になくなっていたことを知る)
この方にあいに来ていた路。

今思えば
このまっぽしさんも元はと言えば龍田のほうから
ここへ転居していたと聞いていたので
この神社のお膝元を終の棲家としたのですね。


事前にネットで調査したら
この神社日本最古というだけではなく
色々な恩恵をもたらしており
今でもオリンピックや国内外を問わず大きな行事には
ここの水をくんでもたらしているそうで
この日も髪無月例大祭が行われる日で県外ナンバーも。

前日まで好天気だったのに
この日は朝から曇り。
8時過ぎに自宅を出て
甲佐あたりからポツポツと雨が・・
それが美里町あたりから本気降りになってきて
傘を忘れた事に後悔・・・・
美里町の「森のぱんや」さんで
焼きたてのパンとコーヒーを国道沿いのその店の一角で
遅めの朝食。
9時開店のこのぱんやさん、私達が来たのは9時ちょっとすぎだったのに
既に売り切れている種類も。
ひっきりなしにお客さんが来ていました。

それから清和文楽座を通り過ぎたら
よ~くみていかないと見過ごしてしまいそうな鳥居。
でもちゃんと駐車場が設けて有るからその看板でわかります。
CIMG6752.jpg
細い林道を上がって上のほうの駐車場もあるのはあるけど
ここで一礼して
100段の階段を上がっていくのも意義有り!
CIMG6753.jpgCIMG6754.jpg

5年に1度の大祭と年に何回かの例大祭。
今年の8月にはこの大祭があったらしい。
本日は例大祭。
この神社は、素朴な造りで
お守りやお札はあるのだけど
売店みたいなのはない。(境内の隅に売っては、いる)
いたってシンプルである。
CIMG6757.jpg
CIMG6756.jpg
境内の向かって左手のほうに又鳥居があり
右の御手洗・・・・との説明書きがあるほうへ
おりていく路があります。
ブロックで足場は造ってありますが
今日のような雨でまたぬれ落ち葉の場合は少々難航。
しかし20分ほど降りていくと
あの有名な水場があります。
CIMG6758.jpg
~晴れた日は落ち葉の絨毯できれいでしょう~
CIMG6759.jpg
この水をくんで持って帰る人
そこで水を含む人・・

昔からだの悪い人がこの水を飲んで嘔吐して
その後からだの調子が良くなったという説も。

私も左右の水を一つのペットボトルに入れて帰りました。
サラリーマン風の数人の方々も訪れていて
あ~これですね・・・・と口々に談笑していました。
口コミってすごいですね~

CIMG6760.jpg
CIMG6763.jpg
そしたら又今降りてきた道を登って行きます。
CIMG6764.jpg
この路の途中
たくさん杉の木等があり何百年ものの木々も
たくさん。
マイナスイオンがびしびし感じられます。
時間になると例大祭が始まり
祝詞があげられ
この日も皇族の方がいらしてました。

神社をおりるとかなり雨に打たれたので
少し寒気がしてきて
そのまま「かりまたの湯」
あったまらしてもらいました。
ここは天然温泉かけ流しで
カルキの臭いも全くなく
硫黄の臭いが強いそして無色透明の若干ヌルヌル系の
お湯でした。
雨の日はとても利用者が多いらしく
この日も正午くらいだったのに
多かったですね~

あったまった後は
ランチ。
これも最初から決めていたお店へ。
パスタやリゾット系のメニュウーが豊富のきれいなお店。
ビールも頂いたのでお腹いっぱい!

なんかやっと行きたかった神社へ行く事ができ
安心しました。
これから1年間!心機一転がんばろう~

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/354-62dc676c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)