FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

猫裁判経過・・・
今週第2回目の公判で
今回は原告が和解しようとして「上告書」なるものを
提出して
判決待たずにして
お互いに話し合いで結論付けましょう・・・みたいな
物を出していたのに対し
被告が同じく「上告書」と題し
それはびっくりするような
内容が書かれたものを
出していた。

その前の段階で
裁判長が
退去明け渡しはだいたい
一般的には3ヶ月くらいだけれど
もう年末ですし
来春くらいまではどうでしょう
被告もそれまでに
ある程度心の準備と
物件をあたるなどしておくよう
いい渡していたのにもかかわらず

平成23年12月までに期限を延ばして欲しい
現在の21匹の猫に全ての里親を見つけるまでだの
そのうえ
敷金は全て返却して欲しい
以前保険で対応した工事代を返却してほしい
そして引越し代も家主が出してくれると言っていた
のでそれも欲しい・・・
だの言いたい放題。
公判の2日前に裁判所を通じて原告に
送られてきたのを目にしましたが
もうびっくり。

おもわず
足元見られましたね。と私。

そもそも強硬派で行かず
和解案を提案してきたのは
原告。
それはお金をかけたくないという事と
親を通じて話し合いをすれば
何とかなるのではないかという
娑婆なれしていないというか
純粋な原告の思いから行った事で
かすかな期待を
見事に裏切った被告。

そもそも来春くらいに出て行くなら
引越し代も出していいといったらしいけど
それを出すなら
敷金返すはずないし。
きっと猫屋敷がにおいもなく綺麗なはずがない。
本来なら弁償でしょう。

保険の工事代というのも
猫によって汚された共用部分を
借家人賠償責任保険できちんと査定されて
決定し保険が出されたものを
返せとは変な話しで。

きっとこうなる予感は私共はしていたんだよな~
とにかく「へなちょこ やから」なんよ。

当然裁判長ご立腹。
「裁判をなめているのか」とか
「男なら出る!という気持ちはないのか」と少々あきれれ。
和解はとりもちません。と
そして次は立証しなさいと
今度は原告につげ次回期日を決めて閉廷。

終わった頃に被告の両親入ってきたけど
時遅し。
(足が悪いから時間がかかる)
それなら、はよ~出てこなんたい!

一部始終が分らなかったから
書記官に聞きにロビーへこられた時
我々と鉢合わせ。
母親はそそくさ
かえっていったが
父親は仕方なくこちらへ同席。
そしてこの日の経過を説明し
改めてなぜこのような
ハチャメチャな上告書を出したのか、
それを知っていたのかとか聞いてみました
「私は出すなといった」とかよく読んでいないとか
言っていたがそんなはずはない。

今まで全て弁護士紹介やら
お金出すのもお膳立てしている。
それにそもそも21匹も猫のいる
こんな人を受け入れる不動産屋は
どこにもいないと思うし
それは前回裁判官も
家でも建てない限りはムリだといっていたくらい
その言葉に被告本人は
そうですね建てますよ
とか無職のくせに、なぜあのような事を
発するのかが理解できない。

だから両親は市内の持ち家に住んでいるから
「ひきとれ」
と、ま~えからいっているのに・・・
結局、親子の断絶。特に父子。
この日も父親は
猫をかかえて実家には引きとれない
庭にプレハブでも建てたら?のといに
経費が係るといいだした。
で、虚勢手術をいま雌だけおこなっていて
何十万もかかったしこれからもかかるし、と自慢げにいう。
そこで私がすかさず
その経費で小屋を作ったら?と言ったら
苦笑いしていた・・・
要は一緒に住みたくないのだ。
母親も冷たい感じで
ヒトゴトの様にしている。
3人とも違う方向を見ている気がする。

原告=家主も
お金が係るのなら
これ以上は、やりたくないと言う。
立証するには専門家じゃないと
到底むつかしいと私は思い、素人で文書作って
組み立てていくには限界に来ている。

これを私達が強要する事も出来ない。
しかし被告はシメシメと思ってるかどうかは知らないが
のサボっている。
あ~どたまにくる。

中々簡単には
出てくれませんな~
PICT0752.jpg
~10月28日の夕日~


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/465-30dbbc30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)