FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

熊本落語長屋
先日の予告どおり6月2日(土)午後6時からいつもの宝泉寺にて
36年目を迎え初夏の独演会として春風亭一朝氏に二席披露していただきました。小朝さんの兄弟子でどこにでもいるような「おじさん」って感じでした。最初に世話人の挨拶があり、前座に子供落語として甥っ子のきよら亭うどんにより今回のお題は「道具屋」。
その後一朝氏の「船頭」。
毎回思いますがさすがプロの咄家は違います。(あたりまえだけど)
最初は小話から訓練して入門して1年たった位からやっととうしでするそうです。
その後関山先生のお話。内容は落語というのは説法から来ているとか、大相撲は完全なる神道から来ているからひしゃくで口を洗ったり塩をまいたり拍手打って横綱のしめ縄や行事の神主の格好・・・全てに通ずると。なるほど。だから境内みたいな屋根があり、土俵があり・・だね。
落語長屋

この高台に乗って噺家さんが行う事を「板にかける」というそうです。
そのあと中休みの後一朝氏にもう一席、くすぐらせて(笑わせて)もらいました。
宝泉寺入口の様子
中入り時

この記事に対するコメント

突然のメール失礼致します。
私、「こども落語全国大会」実行委員会の黒田と申します。

この度、7月30日(土)、31日(日)宮崎県日向市にて第3回こども落語全国大会が開催されます。

7月3日(日)まで小・中・高校生落語家を募集しております。

お知り合いの方のご紹介、またはご参加頂ければ幸いです。

何卒宜しくお願い申し上げます。


■お問い合わせ■ 
こども落語全国大会実行委員会事務局
〒883-0046 
宮崎県日向市中町1番31号(日向市文化交流センター内) 担当 黒木
TEL0982-54-6111 FAX0982-54-2575
メール info@kodomorakugo.com

http://www.kodomorakugo.com/
【2011/06/01 20:43】 URL | 「こども落語全国大会」実行委員会 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/50-cce4c42d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)