FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

映画「男達の挽歌」観て来ました~
水曜日が休みになって
一回くらいはレデイースデーを利用したいと思い
久々の映画鑑賞。
なんせ、あっこさんがいなくなって
行けなくなって・・
といって
ナムジャは絶対この手の映画は見てくれないし・・・

直前まで
邦画の「悪人」か
アメリカ映画の「ソーシャルワーカー」か
悩んで
時間で決めよう!と思い
検索していたら
「男達の挽歌」がNewマークで・・・
時間も丁度よっかったので
これに決めた。

BY はません。

100679832-100-100-5-0.jpg

宣伝では
「ソンスンホン」が前面にでて
共演で「チュジンモ、チョハンソン」と。
3人とも知っていたので
特にチョハンソンは以前結構お気に入りだったので
期待して。

そしたら
字幕では最初に「チュジンモ」だったので
彼が主人公だな・・・
そしてスンフォン、
一人置いてチョハンソン。

これは香港映画のリメイクですね。

~これ、チュジンモ~
header_cast_joojinmo.jpg

~これが チョハンソン~
header_cast_johansun.jpg

チョハンソンは最初頼りない役で
いつもの誠実な感じとは全く違う
最後には嫌なやつと化して行きました。
確かこの撮影が終わった後、兵役とか。
知人の佐藤浩一君に、似ている

そしてソンスンホン。
header_cast_songseungheon.jpg
今回、ワイルドな役で
なんかかわいそうでもあったな。

では・・
ストーリー紹介。

家族で北朝鮮からの脱出を志しながらも、生き別れになってしまったキム兄弟。それから数年後、釜山を拠点にする武器密輸組織の大物になった兄・ヒョクは、行方不明だった弟・チョルと再会を果たす。家族を裏切った兄に深い憎しみを持つ弟の姿を目のあたりにし、組織を離れることを決心するヒョク。だが、最後となるタイでの取引で、部下だったテミンの裏切りに遭い、逮捕されてしまう。一方、ヒョクと同じく脱北者から組織のエースとして暗躍していた親友・ヨンチュンも、ヒョクの敵討ちを機に、右足に重傷を負い、組織を追われてしまう。それから3年、行き場を失ったヒョクとヨンチュンは再会を果たし、今や組織を牛耳るテミンに復讐を誓う。自らの誇りのため、失われた絆を取り戻すため、彼らは最後の賭けに出る。しかし、韓国警察の刑事となり、組織を壊滅しようとしていたチョルにテミンの魔の手が迫っていた……。



再会した弟、
最初傷だらけで
汚れていて
誰か分らず、新人?と
思っていて
しばらくたって
綺麗に人間らしくなって(ミアネヨ)見たら
あ~ら
「キムガンウ」see
パクヨンハと男達の物語に出ていた
冷たそうな実力派。
シルミドにも出ていたそうな。
header_cast_kimgangwoo.jpg

韓国の映画もだけど
ドラマでも結構最近ドンチャンと派手に
演出されているから
ちょっと盛り上がりには欠けた様な気がするけれど・・
まあまあでした。

不覚にも
コーラーを持ち込んでいたので
トイレが近くて
最後のエンデイングは見ないまま
出てきたので
全世界向け主題歌の「ケミストリー」の
歌は聴けませんでした~

footer_banner_chemistry.gif

banner_1.gif

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/500-644985da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)