FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

裁判員制度
先日、所属する部会の野外研修として、裁判所に行ってきました~
平成21年5月までにこの「裁判員制度」とやらが始まりますので
まずは裁判所職員さんからのご説明とともに、裁判員制度用法定の見学
通常3席しかない裁判官の椅子のほかに6人の裁判員席も設けられていました。ちょっと法服を着せてもらい写真撮影しました。
その後実際の公判見学。(今回見たのは建造物侵入強盗罪他・・容疑の裁判でしたがいわゆる初犯のこそどろで被害額も合計5,000円以内・・・働け
そして同会議室でのスライドを使った説明を受けて最後にここの裁判所の旧庁舎がえらくレンガつくりでめずらしく2階が資料館になっていて
明治時代の法服や帽子、最高裁にあったシャンデリアが吊るされていたりでそこだけタイムスリップしたような感じをうけました。
シンプルな法服
傍聴席

この裁判員、各市町村の選挙管理委員会から選挙人名簿を借り、パソコンでランダムに何十人か(百人?)選びそしてその中から、資格が無い人、やむをえない事由で出来ない人等を除外して行き最終的に6人選ぶらしい。わが県では750名に一人とか言ってたな~
私はあたっても別にかまわないけど絶対嫌だ~と言っていた人もいた。
しかしこの裁判員制度日本では大正時代にはあったんだって。
当時の看板には「陪審員は義務です」と書いてあった。おそるべし
裁判員制度ウエブサイトhttp://www.saibanin.courts.go.jp/

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/56-d691218f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)