FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

つなぎ融資の落とし穴
不動産売却を数日前に終わってしまったある日
売り主さんあてに1本の電話が。
内容はその物件が売れたのは自分のおかげだから
紹介料を支払ってほしい旨の内容。
電話をかけてきたのは仮にM子としましょう。


そもそもこの物件は私が売り主さんから受けて
広告して販売して契約・引き渡しに至ったのですが
この間にT氏というブローカーからの紹介で私が引き受けて売り主さんからも
仲介料を受け取りそして私からその一部をT氏に紹介料として支払ったもので
それが「筋」ってものでM子なんぞ私はあったこともない。

ところがこのM子曰く
T氏に紹介したのがM子との事。
その後このM子は売り主さんちにも現れたらしく
売り主さんはかなり弱ってましたので
そんなの相手にせず、私に電話するよう伝えました。

で、T氏は色々と仕事を持ってきてくれるので
私とは持ちつ持たれつの関係。
T氏にはM子は頭が上がらないらしく
この話をしたら
「自分からM子には一蹴しておきます」との事だったので一安心。

しかし
このM子。
このあといろんなところで話を聞くことになる。

まず連帯保証人事件
これまた弊社に出入りするあるブローカーAと談笑しているときに
ふとした事でこのM子の話題に。
何やら昔あるビジネスで集会に呼ばれ
有名芸能人の親御さんをも紹介されたことがあり
それをみたAは「M子って顔広しいすごいな~」とその時は
思っていたらしい。
しかしそのあと風の便りでM子の消息を聞いたのは
何やらそ有名芸能人親御さんにM子が連帯保証人になってもらい
根こそぎやられてその有名・・・は破産宣告までしてしまったという風評。
まあ、どこまで本当かわからないけどね。
ただ、今回のこの紹介料くれ~といったこの土地界隈にその
有名芸能人本人が家を建てているという事実。
偶然だけとは思えませんね。

その②油断大敵事件
前述のT氏がM子と接触を良くしていたのには理由があり
安い土地を見つけて家を建てる計画をM子がしていて
その世話をT氏が行っていたのです。予算の関係上郊外のほうで土地を
見つけ、金融機関の融資も取り付けあとは建物完成を待つばかりとなっていた矢先
急に銀行担当者が実行できないと。

その理由がびっくり。
新築住宅の場合、建築会社が条件付きで販売するような所有している土地なら
まだしも、土地の所有者が別の場合、建物が完成するずいぶん前に
土地の決済はしないといけません。
しかしお客さんは土地建物一体で融資を受けるため
土地代も融資を受けないと払えません。
しかし融資の商品は建物完成時に実行するので
先に土地代を決済したい場合は「つなぎ融資」なるものをうけて対応します。
そして先に土地を決済出来ると、当然土地名義人は変わります。
この場合名義はM子になりました。
銀行によってはこの後建物完成時までに幾度となく謄本をチェックしたり
するところもあるのですが、今回の銀行がそのあたりをあまり厳しくないというのを
知ってか知らずか
なんと、その名義が変わったとたん、別の金融か闇金か分からないけど
お金を借りて当然ですが抵当権を打たれています。
その事が発覚して建物は完成したけど、その分を抹消しないと融資できない!と
言ってきたのです。

ちょうどそんな騒ぎの時にT氏とM子は接触していたので今回の紹介物件のお話が出たんでしょう。
その時一度T氏は困ってるだろうM子に紹介料を少しでもあげる旨の話はしているみたいですが
何故か、その時は(そんなはした金)要らないといっておいて売り主にたかるなんてわからないと
T氏も不思議がる。しかしこのM子にはT氏も相当面倒見たりお金貸したりしてるみたいでそれなりに熟知している。

どうやら、後から打たれた抵当権を抜くための費用の事で、策士T氏が何やら絵を描いている模様。
これはまたいつか紹介するという事で、

いや~海千山千の人々は
どこでも登場するし、人生が面白い。

~記事とこの写真は関係ありません~

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/759-b481fd3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)