FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラメンコライブ in 「黒豚屋」
第25回小国音楽祭のイベントの中の一つとして
フラメンコライブはもう10回目を迎えるそう。

我が郷土の地、小国で行われました。

さて、今回の舞台、「黒豚屋」
最初チラシを見たときはてっきり
居酒屋かレストランかと思っていました。

場所は
地元の人は、涙を流して懐かしむ
郷土のデパート「スエダ」の、跡地。

ここは私が20数年前の職場、
肥後銀行小国支店の元あった場所の並び、
(現在の場所は元の町役場の跡地)
そして癒しスポット、鏡ヶ池の2件となり。

写真 2


現在はこの黒豚屋の店舗以外は
なんとアパートに。

そして、この黒豚屋さん
なんとお肉屋さんでした。
それもメンチカツやヒレカツのバーガーが有名なところ

ご家族4人で、(ご夫婦と高校生位の男の子二人)切り盛りしていて
チケットの予約もこの方々が多分受けられています。
ん?この奥様
多分先輩です。
ジムテイーなので、どこそこに知り合いがいます。

同行した母によると
この奥様のお母様(この日も来てました)が数年前
木魂館で行われた同じくフラメンコライブのチラシを
持っていてその時も私、そのチラシを見て行ったので
きっと何らかの関係者かも。と、推測

手作り感満載の
舞台が作られていました~
写真 1

開場は開演前の1時間前だったので
その間、ヒレカツかメンチカツバーガーもしくはおにぎりと豚汁のいずれか。
そして飲み物。
同行した姉夫婦と母は運転チームとそうでないチームで
それぞれアルコール、ノンアルコール。
この日朝から運転つくめの私は
当然ノンアルコール

ふと入口に
こんなところで見慣れた顔が
なんと

テイントーロ お教室の火曜日メンバーご一行様!

二日ほど目に追突されたヨッスイーを初め
スッチー、貴ちゃん、かえでちゃんも。

遠路はるばるお疲れ様~
ひとしきり家族を紹介したり
おもわぬスッチーのルーツ・親類の方々をうちの母が
よく知っていたり。

そもそも今回
ちょっと前に、この黒豚屋にメンチカツを求めて
来店したスッチーが
今回のライブチラシをみて
テンントーロに貼付されていました。
私はそれを見てチケット予約したのでした~

ヨッスイーがフランメンコ行脚で
親しくなっていた
フラメンカ・チームの4人のうちの二人が
小国在住のかただったので
早速紹介してもらいました。
そこでもジムテイーな
お話や話題炸裂!
友達の友達はみなお友達。

3.jpg

さて
まもなく開演。
上記のとおり、今回のゲスト。
なんとカンテは
来月10/25日に
MY教室テントーロの発表会で来熊いただく
永潟三貴生さんでは
ありませんか!

そして小国音楽祭ではお馴染みの
ギター:鈴木英夫さんと
バイレ:鈴木眞澄さん。

そして
今回、私は初見です。
「チャチャ手塚」さん。
一見、バイレ二人とも背も高く
スラッとした出で立ちで・・・と
特に外見印象は普通でしたが

私は「ルンベーラ」を広めて行く使命なのです!
みたいなオーラ全開で、
しかしものすごい声量で
表情も、技も素晴らしい。
ラブシーンばりの
永潟氏との競演も
まさしく競艶ってところでしょうか。

いや~
また感動してしまいました。
「ルンベーラ」・・
極みでしょうか。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/782-fd214b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。