FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

~ゆかりの地小国ツアー~その②
昼食を終え次なる目的地は
何かと話題の湧田山麓温泉郷。はげの湯・岳の湯地区。
町内でも唯一行ったことの無い所なんだな~。

その前に旧職場○○銀行小国支店の跡地を通り(今はギャラリーみたいなものへ)
鏡が池へ行ってきました。
歴史ある悲恋の伝説。
子供の頃から興味のある所で、池に沈めた鏡が全部見えたときには不屈な事が・・
と、よく言われていた。
実際には当初の数ほど鏡は残ってなく「全部見えたとき・・」なんて無かったのに。
訪れたらなんときれいにベンチとかも置かれていて、説明版も置かれてて、
詳しい伝説の内容は現地へ行かれてくださいな。
鏡が池伝説案内文

暗いけど池の中にはたくさんのお賽銭が・・説明文2


そしていよいよ
湧田山へ。玖珠方面へ行くのです。(中々道がわかりません)
現地へ付けば県外ナンバーの車ばかり。
いかに有名か。こんな田舎にびっくりしました。
あ~湯煙の街・地熱の街。
民家のいたるところで蒸気が噴出しています。

コイン式の24時間浴場は大盛況。何箇所かあるのにすべて満員。ていうか
平均50分待ち。はは~んって感じ。
待っている間、ゆで卵を蒸気で湯がいて食べました。

白濁の湯やっとあえたね


ロケーションも最高でご機嫌で帰路につく事に。
時間にロスが出たため同級生んち「参拾六番」やピザ食べたい!「ゆらりふわり」等にはいけずじまい。
行きがけ食べ損なったとうもろこしも店じまいされていて、閉店時間は日没だそうです。
「秋のつるべおとし」とはよく言ったものでほんとにあっという間に日が暮れてしまい
本日のツアーは無事終了いたしました。
秋のつるべおとし

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/97-df97332f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)