FC2ブログ
むーむーむ~んの独り言
仕事だけでなく日常での何気ない出来事や疑問をただダラダラと綴ってみました。コメントいただければ 嬉しいですう~。
プロフィール

む-む-む~ん

Author:む-む-む~ん
コンプライアンス(法令順守)が企業理念です
不動産歴30年目。うさぎのぴーちゃんのママです。
2017暮れに再婚もしちゃいました。
まだまだ販売中!このブログを書籍化しました。
(2014年11/1~発売。)

注目!

上記のとおり本が完成しました!0120-974-679(ハウスギャラリー内事務所にもあります)全国書店、オンライン書店、ブックサービス㈱0120-29-9625迄。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

本当の理由
最近までずっと頭を悩ませていた案件・前述の相続放棄やらなんやらカンヤラ・・・・
結局は売主が今は確定できないので
買い手は付いていたけど一旦・任売断念の辞退届けも債権者へ出し
買い手さんにも流れを説明し半年後くらいに期待を・・・・として
私の中でも見切りつけていた矢先・・・

本件債務者A(建物の所有者)の娘から電話がはいり
とにかく私に大事な話があると。
彼女とは今回何回かあったりしていて私は他人だし一不動産業者だけなんだけど
結構入り込んでいてかなり信頼はあったと自負している。
そこで先日のランチの帰りに早速電話をいれて聞いてみたら
本件の土地の所有者が売却の途中でお亡くなりになったのだけど
その理由が自殺だったんだと。
・・・・
しかし私の中では「やっぱり」なんだな~

なくなった当初これは再三Aには聞いていた事。だって予想されていたから。
しかし反面具合が何日か悪かったのも事実。

でもこれで無理して売却しなくて良かったと思った。
ここには散々経費かけてそのうえ決済も出来なかったからマイナスだったんだけど
それ以上の被害をこうむっていたかもしれない。

本件の債務者・建物の所有者は売買が断念された事を非常に悔やみ
半年以上住めるんだからどうしてだろうと思っていたけど
そういう家だから早く出て行きたかったんでしょうね。

彼女は「たぶん父Aは絶対最期まで言わないと思うから・・私が言わないと・・・」
といってくれました。彼女だって相当ショックだったはずなのに。
そのあともAとは話もしたけどたぶんそのことは私には一切いわず
少しでも高く売りたいと今でも思ってるんのでしょうね。

こういう物件は競売で処理されたほうがいいと思う。
債権者は年内にも手続きに入るでしょうから
現地調査に来るでしょうけど
その時このAが又本当のことをいわなければ
裁判所の陳述書には載らないでしょうね。

もちろん、もう任売では扱えないね



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tintai.blog50.fc2.com/tb.php/99-88d613a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)